お笑いコンビ、コロコロチキチキペッパーズが恋愛心理学YouTuberの「にたまご」とコラボ動画を8日に公開。ナダルが持ち前の“クズさ”を前面に出し、話題を呼んでいる。

 にたまごのYouTubeチャンネルでは、「ナダルキスチャレンジ」と題し、にたまごがナダルとキスをする様子を公開。2人の顔の間にアイテムを挟んでキスをし、徐々にそのアイテムを薄くしていく企画。

 まずは2cmほどの厚さの本からチャレンジ。するとナダルはバラエティ番組仕込みのオーバーアクションで激しく本に吸い付く。あとから本を見るとナダルの唾液がくっきり付着しているのがわかる。

 次はトランプ。にたまごはやや躊躇していたが、ナダルがトランプごと顔を押しつけるようにしてキス。そして最後はティッシュペーパー。2枚組のティッシュを剥がして1枚にすると、ナダルの顔を透けるほどの薄さであることが動画でもわかる。いざキスをしようとすると、やはり顔を背けるにたまごだったが、ナダルは押し倒すようにして顔を近づける。にたまごを後ろから西野創人が押して逃げ道を塞いだが、結局にたまごはギブアップ。ここで企画は終了。

 動画のコメント欄には、「ナダル気持ち悪い」「ナダル無理。生理的に受け付けない」「既婚者にこんな企画させるの気持ち悪い」など、批判的な声が殺到した。

 一方、コロチキのYouTubeチャンネル『よろちきチャンネル』でも同日、にたまごとのコラボ動画を公開。西野は、世間に「気持ち悪い」「怖い」というイメージを持たれているナダルが、実際はそうでもないということをアピールするため、“素”のナダルを引き出そうとの企画を提案。

 まずは「合コンの場で、にたまごとナダルが2人きりになったら」という設定で会話をさせる。するとナダルは、不自然に距離を詰め、会話もぎこちなくなる。そこで西野は、「にたまごがナダルに好意を寄せ、告白する」という設定を提案。にたまごが「好き」と告白すると、ナダルは突然ソファに押し倒す。さすがに西野が止めに入るが、その後もナダルは、にたまごの耳に執拗に息を吹きかけるなどセクハラ三昧。

 だが、にたまごのチャンネルとは対照的に「面白い」「最高だった。もっとクズなナダルが見たい」「コロチキ最高」など、絶賛する声が相次いでいる。コロチキのファンは、このナダルの“クズさ”を楽しんでいることがわかる。反対に、にたまごのファンは、にたまごがセクハラを受ける様子に拒絶反応を起こしているといえる。

 両方の動画を見て、それぞれのファンの反応を比べるのも面白いだろう。

(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ