生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 新型コロナウイルスの影響でクローズアップされているのが、テレワークやリモートワーク、在宅勤務と呼ばれる、出社せずに自宅で仕事するスタイルだ。こうした働き方では、会議や打ち合わせをどうするかが課題となる。そこで、手軽に取り入れられる方法として「Googleハングアウト」をご紹介しよう。

チャットやビデオ通話で会議や打ち合わせが可能

「Googleハングアウト」の使い方 オンライン会議が手軽にできテレワークに最適の画像1
(Image:rafapress / Shutterstock.com)

 オンラインで会議やミーティングを行うためのツールはいろいろあるが、使い方が複雑だったり、利用コストが高かったりすると、すぐに導入するのは難しい。「本格的なグループウェアのような機能はなくてもいいから、同僚や取引先と手軽に連絡できるツールがほしい」という場合には、「Googleハングアウト」がおすすめだ。Googleアカウントさえあれば誰でも無料で利用でき、パソコンでもスマホやタブレットでも使える。Googleが提供するサービスだが、iOS版も用意されているので、iPhone/iPadのユーザーでも安心だ。

 Googleハングアウトはテキストチャットが中心のサービスだが、音声通話やビデオ通話(ビデオハングアウト)にも対応している。また、1対1だけでなくグループでの会話も可能なので、複数メンバーでの打ち合わせや会議にも活用できる。グループの会話には最大150人(ビデオハングアウトは10人)まで参加可能だ。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ