生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 新型コロナウイルス対策で不要不急の外出がしづらい状況が続いているが、そんなときこそ頼りになるのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」だ。何となくUber Eatsの存在は知っているが、実際は頼んだことがないという人も多いはず。そこで今回は、初めての人でもわかるようにUber Eatsの仕組みとオーダー方法を基本から説明しよう。

Uber Eatsなら通常は宅配NGの飲食店の料理も頼める!

今さら聞けないUber Eats(ウーバーイーツ)の使い方 仕組みからオーダー方法まで簡潔に解説の画像1
(Image:Eyesonmilan / Shutterstock.com)

 新型コロナウイルス対策で、在宅勤務・テレワークを強いられているビジネスマンも多いだろう。そんなときこそ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を利用してみてはいかがだろうか? 

 そもそもUber Eatsは、配車アプリでお馴染みの「Uber(ウーバー)」の仕組みを利用した“料理宅配サービス”。通常は宅配してもらえない料理店でも、Uber Eats加盟の飲食店なら料理を配達パートナーが届けてくれる。Uber Eatsがユニークなのはこの配達パートナーは飲食店の従業員ではなく、あくまでUber Eatsに登録している個人であること。注文が入ったら飲食店まで料理を受け取りに行き、注文者の家まで配達してくれるのだ。

 注文方法は簡単。あらかじめ支払い方法を設定しておき、Uber Eatsアプリで注文するだけでよい。また、届け先は自宅だけではなく、近所のコンビニや公園などわかりやすい場所ならOKである。

 ただし、Uber Eatsの注文にかかる料金は「料理代+サービス料10%+送料(配送手数料)」となる。距離が近いほど送料は安くなり、徒歩5分~10分程度なら送料は50円~100円かかる仕組み。したがって、トータルでは平均して30%ほど割高になるが、他人に買いに行ってもらう手間を考えれば仕方ないだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ