生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 新型コロナウイルスの感染予防や花粉症対策のため、マスクをしている人が多い。そこで困るのが、iPhoneのFace IDで顔認証ができないこと。やむを得ずパスコードを入力するしかないが、普段Face IDに慣れていると操作に迷ってしまうかも。スムーズにロック解除するための方法を覚えておこう。

マスクで鼻や口が隠れていると顔認証できない

マスクをしていてiPhoneのFace IDで顔認証ができないときの対処方法の画像1

 iPhone X以降で採用されたFace IDは、カメラで目や鼻、口などをスキャンして顔を認証する仕組みだ。そのため、マスクを着けていると認識できず、ロック解除などの操作に失敗してしまう。マスクを外せば顔認証が可能だが、感染予防の面では危険な行為だ。安全性を重視するなら、多少面倒でもパスコードで代用するしかない。

 一時的にFace IDではなくパスコードを使うには、3種類の方法がある。それぞれの方法を説明していこう。

【方法1】画面をスワイプしてパスコードを入力
まずは応急処置的な方法から紹介しよう。Face IDでの認証に失敗すると「上にスワイプしてロック解除」と表示されるので、画面下端にあるバーを上へスワイプする。これでパスコードを入力できる状態になる。なお、何もない場所を上へスワイプすると通知センターが表示されてしまうので注意しよう。

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合