生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 最近YouTubeの動画を見ていて、「何だか画質がイマイチだな」と思ったことはないだろうか。実は、新型コロナウイルスの影響で一時的に画質が低下しているのだ。一体どういうことなのか、もっと高画質で見たいときはどうすればいいのかを解説しよう。

YouTubeが画質引き下げに踏み切った理由

YouTubeが新型コロナウイルスの影響で低画質に?! 高画質に戻す方法は?の画像1

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出を自粛する動きが広がっている。家で過ごす時間が増えると、つい見てしまうのがYouTubeなどのネット動画だ。同じことを考える人は世界中に大勢いるわけで、結果としてインターネット上を流れるストリーミング動画のデータが増大している。同時に、テレワークなどによるデータ通信量も増えているため、ネットワークへの負荷が深刻な状態になりつつある。要は、世界中でインターネットが大混雑して大変なことになりそうなのだ。

 対策の一環として、YouTubeはデフォルトの再生画質をHDからSD(標準画質)に引き下げた。当初はEUからの要請で欧州のみで実施されていたが、2020年3月24日(米国時間)以降は日本を含む全世界へ対象エリアを順次拡大している。実施期間は30日間となる予定だ。

 理由が理由だけに、むやみに高画質で見ようとするのは慎むべきだが、「この動画だけは、どうしてもキレイな画質で視聴したい!」と思うこともあるだろう。そこで、画質の設定を変更する方法を覚えておこう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ