生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 LINEで友だちとやり取りするのに、メッセージやスタンプだけでなく、自分の声でメッセージを届けたいということもあるだろう。そんなときはボイスメッセージを送信してみよう。届いたボイスメッセージを端末に保存すればいつでも再生することも可能だ。

ボイスメッセージを送信するには

LINE(ライン)のボイスメッセージの送信、保存方法と録音時の注意点の画像1

 LINEのトークには「ボイスメッセージ」という機能がある。これは、メッセージを自分の話した言葉を直接送れるというものだ。ボイスメッセージは、テキストやスタンプでは気持ちが伝わりにくいお祝いメッセージなどのようなシーンで使うと効果的。また、テキストを入力するのが面倒なときに利用しても便利だ。

 使い方は難しくなく、トーク画面でマイクボタンをタップしながら話しかければすぐに録音することができる。ボイスメッセージは最大3分まで録音して送信できるので、伝えたいことは大体送れるだろう。

 一点注意したいのが、録音したボイスメッセージは確認できないこと。これは、録音ボタンから手を放すとすぐに送信されてしまうためだ。もし録音をミスった場合は、録音をキャンセルしてから再度録音をし直そう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ