生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 JRの車両の胴体部分に表示されている「キハ」や「モハ」などの車両番号。何かの意味がありそうだけど、鉄道オタクでもない限りあまり気にする人はいないだろう。だが、車両番号には意外と深い意味があるのだ。そこで今回は、知ればちょっとためになるJRの車両番号の秘密を解説しよう。

「キ」は気動車「モ」はモーター車の意味

JR車両番号「キハ」「モハ」「キイテ」などに隠された深~い意味とその秘密の画像1

 通勤や出張などで、普段からJRの電車を利用している人は多いだろう。そのJRの車体には「キハ」とか「モハ」といった車両番号が表示されているが、これはいったい何を意味しているのだろうか? 

 まず、最初の文字は車両の動力の違いを表している。「キ」は気動車(主にディーゼル車)、「モ」はモーター車という意味である。東京ではあまりディーゼル車を見ることはないので、ほとんどの車両は「モ」になっているはずだ。これ以外にも運転台が付いている車両には「ク」、動力が何も乗っていない車両には「サ」が付いている。

 その次の文字は車両の等級を表している。イ・ロ・ハで等級が分かれており、旧国鉄時代は「イ」が1等車、「ロ」が2等車、「ハ」が3等車であった。JRになってから一般車両は「ハ」で統一され、「ロ」はグリーン車に変更されている。とくに「イ」は、特別な車両にしか付いていないので、もし見かけたらそれはかなりレアな車両である。

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ