NEW

中国、封鎖解除で景勝地に観光客が殺到…新たな感染拡大も発生、ロシアから流入か

文=昼間たかし/ルポライター、著作家

 そんな中国では、新たな感染拡大も始まっている。1月以降に感染が拡大した地域が終息する一方で、東北部の黒竜江省では感染が拡大している。中国メディアでは、ロシアから感染が広がっているのではないかと指摘されている。実際、これまで封じ込めに成功してきたと思われていたロシアでも、4月から感染者の増加が問題化し、モスクワなど主要都市で封鎖も始まっている。

 外出禁止令などによるフラストレーションが溜まった反動で気が緩み、制限解除後の外出による感染の再爆発という負の連鎖は、世界中で起こり得る。

 日本国内でも、自粛要請が強化されていることによって、向こう1カ月くらいは「仕方がない」と外出を控えたり休業する店舗は増えるだろう。だが、経済の低迷を恐れて宣言解除の時期を見誤れば、最悪の事態が想定される。

 終息の宣言は、人が街に溢れる新たなステージの始まりとなる。それだけに、自粛を呼びかけるよりも難しいということを中国などの様子から学ぶべきだろう。
(文=昼間たかし/ルポライター、著作家)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合