日本発「アビガン」、世界中でコロナ治療の治験が急ピッチ…副作用がことさら強調され過ぎ

「アビガン錠」(写真:ロイター/アフロ)

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センターの集計によれば、新型コロナウイルスでお亡くなりになられた方は4月11日(日本時間)時点、世界で10万人を突破した。日本では7日、安倍晋三首相が改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態宣言を発出した。業績悪化や資金繰りに行き詰まりに苦しむ企業も続出しており、医療界のみならず経済界からもいち早い治療薬の開発を求める声が強まるなか、海外からも注目を集めている薬が、白木公康千里金蘭大学副学長(富山大学医学部名誉教授)と富士フイルム富山化学が共同開発した「アビガン」だ。果たしてアビガンは人類の救世主になるのか。

 厚生労働省によると、新型コロナウイルスに関連した国内の感染者数は4月9日時点で4,768例、死亡者は85名となっている。

 こうしたなか、3月28日の会見で安倍首相は「新型コロナウイルスの治療薬としてアビガン(一般名:ファビピラビル)を正式承認に向け、臨床を開始する」と発表した。さらに今月3日の会見で菅義偉官房長官は、現時点で約30カ国から提供要請があるアビガンを、臨床研究を拡大するため、「希望する国に無償で供与するべく調整している」と述べた。

 なぜ、ここにきてアビガンが注目されるようになったのか。白木名誉教授の論文を紹介しながら説明していきたい。

RNAウイルスへの有効性

 新型コロナウイルスに限らず、新薬の開発と安全性の確認には、膨大な時間と費用を要する。いくら急ピッチで治療薬の開発ができたとしても、安全性の検証には慎重さを要する。そうなると、既存の薬の活用に期待が高まる。安倍首相は7日の会見でアビガンへの期待を込めた。

「まったく先が見えない大きな不安のなかでも、希望は確実に生まれています。日本中、世界中の企業、研究者の英知を結集して、ワクチン開発、治療薬の開発が進んでいます。新型インフルエンザの治療薬として承認を受け、副作用なども判明しているアビガンは、すでに120例を超える投与が行われ、症状改善に効果が出ているとの報告も受けています。観察研究の仕組みの下、希望する患者の皆さんへの使用をできる限り拡大していく考えです。そのために、アビガンの備蓄量を現在の3倍、200万人分まで拡大します。国内での増産に必要な原料の生産には、各地の企業が協力を表明してくださっています」。

 これまでにもアビガンは、エボラ出血熱などの治療で高い効果を発揮したことで知られている。エボラウイルスによる全身性の感染症で、重症化すると口や肛門や目など全身から出血し、臓器の機能を奪い、致死率は50~90%と非常に高い。有効な治療法も見つからず、“史上最悪の伝染病”と呼ばれていた。

 3月28日発行の「週刊日本医事新報5005号」に掲載された白木名誉教授の論文には、次のように書かれている。

「アビガンは、RNAウイルスのRNA複製の際に、RNA鎖に取り込まれたところで、RNAの伸長を停止する」

編集部イチオシ企画
筋トレしようぜ
Pick Up News

RANKING

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS