横浜流星の出世作『はじこい』再放送に歓喜の声!『恋つづ』『野ブタ』特別編もの画像1
火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』|TBSテレビ」より

 新型コロナウイルスの影響で撮影スケジュールが遅れるなどして、4月期の連続ドラマの放送が延期される事態が頻発している。テレビ各局は過去のドラマの再放送などで対応しており、思わぬ“副産物”に喜んでいる視聴者もいるだろう。

 4月13日からは、深田恭子主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の再放送がスタートする。同作は、少女まんが誌「Cookie」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを実写化したドラマ。恋も受験も就職も失敗した超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が人生を取り戻すために奮闘しつつ、タイプ違いの3人の男性からアプローチされるというラブストーリーだ。順子に想いを寄せる3人の男性を永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じ、横浜にとっては同作が出世作になった。

「19年1月期に放送された『はじこい』は、なんといっても横浜の出世作として知られています。ピンク髪のイケメン高校生を演じた横浜がブレイクしたほか、永山と中村もタイプの違う魅力的な男性を演じて“イケメン三銃士”と呼ばれました。また、主演の深田に対しても、アラフォーとは思えない美貌とかわいらしさに称賛の声が集まりました。文句なしの胸キュンドラマで、早くもSNSでは再放送を喜ぶ声が上がっています」(芸能ライター)

 同じく『火曜ドラマ』(TBS火曜日22時)で今年1月期に放送され、3月17日に最終回を迎えたばかりの『恋はつづくよどこまでも』も、4月14日にスペシャルダイジェスト版が放送される。上白石萌音と佐藤健が共演した同ドラマも数々の胸キュンシーンで視聴者を魅了し、特に佐藤が演じたドS医師の“天堂先生”はSNS上などで話題になった。

「視聴率はほぼ右肩上がりで、最終回は自己最高の15.4%(平均世帯視聴率、ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークして有終の美を飾りました。また、見逃し配信の再生回数は『逃げるは恥だが役に立つ』を超えてTBS歴代1位を記録しています」(同)

 日本テレビでは、4月11日に放送開始予定だった、Sexy Zoneの中島健人とKing&Princeの平野紫耀がダブル主演するドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』が延期となったことで、2005年放送のドラマ『野ブタ。をプロデュース』特別編が放送された。同ドラマは、亀梨和也が演じる桐谷修二と山下智久が演じる草野彰が転校生の“野ブタ”こと小谷信子(堀北真希)をプロデュースして、クラスの人気者にするという物語。亀梨と山下による期間限定ユニット「修二と彰」が主題歌の『青春アミーゴ』を歌い、同曲は160万枚を超える大ヒットを記録した。

「KAT-TUNとしてデビュー前の亀梨とジャニーズの王道といった感じの山下のコンビが秀逸で、今や芸能界を引退してしまった堀北のブレイク作であります。亀梨と山下は『亀と山P』として初のアルバムをリリースするとあって、これ以上ないタイミングでの再放送となりました。当時の盛り上がりを裏付けるように、11日放送回の平均世帯視聴率は11.0%を記録。18日にも再放送があるだけに、その数字が注目されます」(同)

 いずれも続編が熱望される名作ドラマだけに、視聴者の関心は高いようだ。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ