かつて日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)や阪神タイガースで活躍した野球解説者・片岡篤史氏が、新型コロナウイルスに感染し入院していることを自身のYouTubeチャンネル「片岡篤史チャンネル」で明かした。

 動画内で片岡氏は、鼻に管を通してベッドに横たわった姿で、途切れ途切れに「コロナウイルスに感染してしまい、4月8日から入院しています」と説明。

 入院した8日以降にも3本の動画を公開していたが、「皆さんに見てもらっている動画はストックしていたもの」と明かし、「動画が更新されなくなったらストックしている動画がなくなったと思ってください」とファンに向けてメッセージを送った。

 最後に、「今、コロナで世の中が大変なことになっていますので、皆様も今まで以上に十分、予防していただいて、感染されないようにしてください」と語りかけ、自身の凄惨な姿を見せることで、新型コロナウイルスに感染した場合の苦しさを生々しく伝えた。

 片岡氏の姿が消えると、「必ず復帰します! 待っていて下さい」とのメッセージが映し出された。

 動画を見たファンや関係者からは、「強靭な肉体を持った片岡でも、こんな姿になるのかとショックを受けた」「ショッキングな映像だったが、胸に響いた」「高齢じゃないとか、体力があるとかいう問題ではなく、ウイルスは怖いということを再認識させられました」など、片岡氏の切実な思いを確かに受け取ったという言葉が飛び交っている。

 プロ野球OBでは、大阪近鉄バファローズ(2004年に消滅)、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天イーグルスで監督を務めた梨田昌孝氏が新型コロナウイルスに感染し、2週間以上たった現在もICU(集中治療室)で治療を続け、病状は改善の兆しを見せていないと報じられている。

 体力がある人でも、感染するとこれほどまでに衰弱するのかと衝撃を受ける姿を片岡氏は、あえて見せてくれた。自粛生活が長引き、羽を伸ばしたくなる気持ちが出てくるが、ウイルスが収束するまで耐え忍びたい。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ