新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は不要不急の外出をしないように要請しているが、自粛期間が長引いてきた今、家の中に籠っていることが退屈になってきている人も多いのではないだろうか。そこで、面白い動画やタメになる動画などを紹介していきたい。皆様の外出自粛ライフが少しでも楽しいものになることを願ってやまない。

 今回紹介するのは、テレビ東京の動画だ。テレビ東京ホールディングスは4月15日から20日まで、テレビ東京とBSテレビ東京を自主的に休みとすると発表した。民放テレビ局のなかで、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、いち早く番組収録を休止するなど、柔軟で迅速な対応をみせたように、テレ東はテレビの編成や番組内容も柔軟で、他の民放各局とは一線を画す。

 そんなテレ東のYouTube動画は、テレビ番組とはまた違った面白さがある。特に紹介したいのは、テレ東のアナウンサーに歌を歌わせる企画だ。「声を使う職業のアナウンサーは歌が上手いのか!?」と題し、若手アナたちの歌う姿を動画に収めている。

 入社1年目の森香澄アナが、Official髭男dismの『宿命』を歌ったり、コピーダンスで有名な「聖坂46」とコラボして欅坂46の『ガラスを割れ』を踊ったりする。かと思えば、田中瞳アナと中垣正太郎アナがデュエットのかたちで一青窈の『ハナミズキ』やKing Gnuの『白日』を歌う。

 そんななかで、特に中垣アナの歌声が注目を浴びている。中垣アナは昨年10月に『You Raise Me Up』という有名な楽曲を歌う動画を公開したところ、「なぜアナウンサーをしているのか」「声が綺麗すぎる」「海外のオーディション番組でも絶賛されるレベル」と称賛の声があふれた。また、テレ東の番組『内村のツボる動画』のなかでMCの内村光良も、「神の声」「日本じゃ収まらない声をしている」「彼は日本のスーザン・ボイル」と褒めちぎった。

 確かに、さすがアナウンサーと思わせる綺麗な声で、低音から高音まで広い音域を聞き取りやすく歌い上げている。そんな中垣アナの歌を、世界で活躍するクラシックの指揮者が聞いたら、どう評価するのだろうか。当サイトで「世界を渡り歩いた指揮者の目」の連載記事を執筆する篠崎靖男氏に話を聞いた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ