競馬を楽しむことが新型コロナ対策にもなる?馬券売上の1割、3000億円が国庫への画像1

週末の娯楽は競馬で決まり!

 ついに緊急事態宣言が全国に発令され、国民は外出自粛を要請されている。さらに全国的にも、スポーツの大会やライブ、コンサート、芸能イベントなど、さまざまな娯楽が開催できずにいる。そんな状況でできる娯楽は、ゲームや読書、そして映画鑑賞やインターネットを見ることくらいか。もちろん、それらも十分に価値があるものだが、やはり心の底から興奮するような瞬間を味わいたくもなる。そんな時間を持て余す大人たちにお勧めしたいのが、今大きな注目を浴びている「競馬」だ。

 公営競技の競馬はギャンブル的な側面を持ち合わせているものの、売り上げの10%以上が国庫納付金として国に収められており、その金額は年間3000億円にも達している。競馬の開催は今後、新型コロナ禍から復興を目指すためにも重要なのだ。

 先日には武豊騎手が、日本騎手クラブを代表して1レース騎乗するごとに1000円を積み立て、影響を受けている方々を支援するための「コロナ基金」を設立すると発表した。日本中央競馬会(JRA)も騎手も関係者も一丸となって新型コロナと戦っている。

 また、競馬はレジャー的側面も大きい。好きな馬、好きな騎手を応援するのはプロ野球などのスポーツにも通じるし、出走馬のなかから勝ち馬を探し出す予想は謎解き要素が満載。しかも、自分だけの予想法を確立し、それが的中につながれば、感動は生涯消えることはない。さらに、払い戻しが数万円にもなれば、その興奮は一気に跳ね上がるだろう。

 日本において競馬といえば、JRAとNAR(地方競馬全国協会)の2つに分けられる。簡単にいえば、毎週土曜日と日曜日に大々的に行われ、武豊騎手や、ディープインパクトといった名馬が活躍しているのがJRAだ。ここでは、そのJRAを中心に紹介しよう。

 武豊、川田将雅、三浦皇成、クリストフ・ルメール、ミルコ・デムーロといった著名なジョッキーが活躍するJRAは、昨日行われた皐月賞や5月3日に行われる天皇賞(春)といったビッグレースがあり、1着賞金3億円という超高額賞金もある。年間売上は約3兆円に達し、有馬記念の馬券売上はたった1レースで875億円に達してギネスブックに記録されている。

 現在春のG1シーズン真っただ中であり、先週までに高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞が終了。来週からは天皇賞(春)、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、安田記念と6週連続でG1レースが行われる。毎週のように一獲千金の代名詞でもある万馬券が飛び出し、全国数百万人の競馬ファンが一喜一憂しているのだ。

 馬券は20歳以上であれば誰でも購入が可能で、現在は場外馬券売り場や競馬場へファンの入場はできないが、インターネット上でクレジットカードやネットバンキングを利用して馬券の購入ができる。そしてテレビでは朝から夕方まで、すべてのレースが無料で放送されている。

 ただし、JRA自体は競馬予想そのものを教えてはくれない。スポーツ紙や競馬専門紙、さらにはインターネット上で多く見られる競馬サイトを活用するのが一般的だ。しかし、初心者には何が信用できて実績があるのか判別するのは困難。そこで、今もっとも勢いがあり、実績も十分な「万馬券専門サイト」を紹介しよう。それが「暴露王」だ。

競馬を楽しむことが新型コロナ対策にもなる?馬券売上の1割、3000億円が国庫への画像2
100円が40万円になる万馬券!(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 何やら仰々しい名前だが、暴露王は誕生してから16年と歴史ある会社。競馬には裏情報があり、それを暴露して馬券を的中させていると考えれば納得がいく。この暴露王は、何がすごいのか。それは、やはり競馬の醍醐味である「万馬券」にめっぽう強いことだろう。暴露王は「年間300本の万馬券的中」を公約として掲げており、いまだそれを下回ったことがない。それどころか、昨年はなんと350本もの万馬券を的中。そして今年においても、4月12日現在で102本の万馬券を的中。このペースで的中を重ねれば昨年以上となることは確実で、夢の400本的中も視野に入ってくる。

 そんな競馬ファンの理想のような万馬券的中のプロである「暴露王」が、娯楽に飢えた全国の大人に向けて素晴らしい企画を実施するという。通常は有料の万馬券予想を「無料」で提供してくれるというのだ。昨年350本、今年もすでに102本の万馬券を的中させているが、その配当もかなりの額になる。昨年はなんとマスコミノーマークの12番人気馬を本命に40万馬券を的中。さらにG1レースのヴィクトリアマイルでも3連単1750倍を的中させ、今年も18万馬券や10万馬券の高額万馬券を連発しているのだ。

競馬を楽しむことが新型コロナ対策にもなる?馬券売上の1割、3000億円が国庫への画像3
G1レースでも高額万馬券をズバリ!(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 暴露王は100円が40万円、500円が200万円という、衝撃の払い戻しを受けられるような情報を毎週のように競馬ファンへ届けているが、これほどの実績を成し遂げられるのは理由がある。それは現役の凄腕競馬記者(トラックマン)たちと独自に提携しているからだ。彼らは、競馬ファン受けしやすい人気馬中心の表面的なマスコミとは異なり、人気にかかわらず「激走する穴馬」を見つけ出すプロ中のプロたち。

 そして独占入手した情報は、所属するスポーツ紙や競馬専門紙では公開せず、暴露王を通じて競馬ファンに届けられる仕組みになっている。つまり、本物の万馬券情報を知りたければ、既存のマスコミではなく暴露王を利用することが正解なのだ。そんな彼らが、今週末行われる重賞レースのフローラステークスに絶大な自信を寄せているという。

「フローラステークスは2019年に9番人気、2018年も13番人気、2017年も12番人気と10番人気が激走しているように、毎年のように伏兵が万馬券を演出しています。人気薄の激走は、人気をつくり出すマスコミが見抜けなかった結果であり、万馬券専門サイトである暴露王には、うってつけの舞台です。

 この時期の牝馬は発情(フケ)などがあってムラ駆けしやすく、それもキャリアの少ない3歳で成績も横並び。そしてオークストライアルという性質上、さまざまな関係者や馬主サイドの思惑もあります。ほかのレースとは難易度が段違いだからこそ、配当妙味も高く一獲千金のチャンス。そしてこんな難解なレースこそ、関係者の本音に迫れる暴露王の強みが生きるのです。

 今年もマスコミがノーマーク、そしてアッと驚く穴馬の存在を把握しており、この馬が馬券に絡めば万馬券はもちろん、10万馬券の的中も夢ではありませんよ。

 お伝えしたように、このフローラステークスは初めてご利用の方に限り、すべての買い目と情報を無料で公開します。ぜひ多くの人に利用していただき、競馬の魅力を感じてほしいですね」(暴露王スタッフ)

 暴露王は、その実績と信頼から、関係者やファンの間では「日本一の万馬券専門サイト」「競馬界最後の駆け込み寺」と呼ばれることもしばしば。そんな彼らが自信満々で無料提供するフローラステークス情報は必見だ。ぜひ今週は暴露王の情報を活用して競馬で楽しもう。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!フローラSの馬単・3連複・3連単全ての買い目】暴露王

※本稿はPR記事です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ