NEW

安倍首相のコロナ対策迷走の元凶は「今井補佐官」だった…マスク2枚配布、現金給付混乱

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 そして、悪評が出ている安倍首相のツイッター動画も佐伯秘書官の発案とされる。シンガーソングライターの星野源がインスタグラム上にアップした動画「うちで踊ろう」にコラボするかたちで、安倍首相は自宅で犬を愛でたり、優雅にティータイムを過ごしたりする動画をアップし批判を浴びた。

 昨年来、官邸内では安倍首相と菅義偉官房長官に隙間風が吹いている。ポスト安倍をめぐる暗闘や菅氏の側近2人の大臣辞職もあり、菅氏の存在感低下とともに、官邸内で今井補佐官の鼻息が荒くなっている。

 今回のコロナ対策のような「危機管理」は本来、官房長官マターだが、安倍首相は担当大臣に西村康稔経済再生担当相を就けた。西村氏も経産省(旧通産省)出身である。

「コロナ対策では、あらゆることが今井補佐官の旗振りの下で動いている。今井補佐官は元経団連会長の今井敬氏の甥っ子。安倍首相と違わぬ上級国民ですから、庶民の感覚などわからないのでしょう」(自民党関係者)

 未曽有の国難を迎えるなか、今井補佐官を重用する安倍首相の罪は重い。

(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合