NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

国際比較で判明…日本政府のコロナ対策が“あまりにも遅すぎ”、国全体のマネジメントに支障

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,

国際比較で判明…日本政府のコロナ対策が“あまりにも遅すぎ”、国全体のマネジメントに支障の画像1
参院決算委員会、マスクをしない麻生太郎財務相(写真:日刊現代/アフロ)

日本は9位にふさわしい国か?

 香港にあるベンチャーキャピタル(VC)のデイープ・ナレッジ・ベンチャーズ(DKV)が、新型コロナウイルス(以下、コロナ)に対する各種の国別ランキングを発表している(4月12日付日本経済新聞より)。

 記事によれば、DKVは2014年に人工知能(AI)を取締役に指名して話題となり、AIを用いて医療金融などの世界潮流を分析している一風変わった企業であるという。そのDKVのHPを見ると、コロナに対して安全な国(Safety Countries)のトップ10は表1のようになっている。1位がイスラエル、2位がドイツ、3位が韓国で、日本が9位にランクインしている(4月16日時点)。

国際比較で判明…日本政府のコロナ対策が“あまりにも遅すぎ”、国全体のマネジメントに支障の画像2

 イスラエルが首位になっている理由として、同国最大級のシュバ病院のアーノン・アフェク副院長は、「(中東情勢が不安定化する中で)イスラエルでは不測の事態に備えて平時から訓練しているため、病院や軍、警察などがどう対処すべきか熟知している」ことを理由に挙げている(前掲記事)。

 2位のドイツはコロナ感染者数が12万7584人もいるが、死亡者を3254人に抑えることができている。韓国や中国はすでにコロナ感染者数の抑え込みに成功しており、台湾とシンガポールのコロナ死亡者は10人以下であり、コロナを制御できている。

 そのようななかで、日本が9位にランクインしている。これをどう解釈すればいいのだろうか? 9位というのは、本当にコロナ対策の日本の実力を示したランクなのだろうか?

 一方、コロナのリスクの高い国(Risk Countries)のトップ10は表2の通りであり、1位がイタリア、2位が米国、3位が英国、4位がスペイン、5位がフランスなどとなっている。これら欧米諸国は、コロナによる死亡者数が多いこともあり、皮膚感覚としても、まあまあ納得できる。

国際比較で判明…日本政府のコロナ対策が“あまりにも遅すぎ”、国全体のマネジメントに支障の画像3

最も支援が手厚い国ランキングで日本が3位

 さらに、DKVのHPによれば、コロナ対策に関して最も支援が手厚い政府(Most Supportive Government)として、1位にドイツ、2位に米国、そして3位に日本がランクインしている。これには、相当な違和感を覚える(表3)。

国際比較で判明…日本政府のコロナ対策が“あまりにも遅すぎ”、国全体のマネジメントに支障の画像4

 まず日本は、諸外国と比べるとPCR検査数が異常なほど少ない。また、緊急事態宣言を出すのが遅すぎた。さらに緊急事態宣言による休業要請の対象をめぐって、政府と地方自治体が揉めた。加えて、売上や所得が減少した中小企業に200万円、個人事業主に100万円を支給すると言っているが、どれもこれもハードルが高く、手続きが煩雑で、本当に困っている人々に届くのかわからない。4月16日には、与党の公明党が安倍首相に直接、「所得制限無しで1人10万円現金給付」を迫り、これが通ったが、いつ払われるかわからない。

 このように、日本政府が迷走していることを挙げだしたらキリがない。したがって、何をどう勘案したら、最も支援が手厚い国の第3位に日本がランクされるのか、DKVのAIの正気(アルゴリズムか?)を疑いたくなる。

 以上のように、DKVのAIがはじき出したランキングをそのまま鵜呑みにすることはできないが、同社のHPには、コロナに対して安全な国1位のイスラエル、2位のドイツ、そして9位の日本について、どのような項目を評価したかが掲載されている。この3カ国の比較は、大いに意味があると思われる。そこで本稿では、その詳細を報じたい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ