コロナ感染の赤江アナ、メディア各社に追加文書送付「過剰な犯人探しは必要でしょうか?」の画像1
TBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』の公式サイトより

 今月12日、テレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスター、富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したことが判明し、同番組のスタッフ2名の感染も明らかになった。

「『報ステ』の収録スタジオ、スタッフルーム、編集室はテレ朝本社4階に集まっていますが、社員の感染が相次いでいることを受け、会社は17~19日の3日間、本社を封鎖して全館の消毒作業を行うことを決めました」(テレ朝関係者)

 感染が確認された『報ステ』スタッフの一人は、フリーアナウンサー・赤江珠緒の夫であることが知られているが、赤江アナは13日にパーソナリティーを務める番組『赤江珠緒 たまむすび』(TBSラジオ)を欠席して電話で出演し、夫が体調を崩しPCR検査を受けたことを報告。18日には赤江アナも検査で陽性が確認されたと発表された。

 同日、『たまむすび』の公式サイト上では、検査したところ赤江は陽性、長女が陰性という結果となった旨、さらに発症日が15日であることが報告され、赤江の「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております」というコメントも掲載された。

「実は赤江アナは『たまむすび』公式サイトで感染を発表した後、所属事務所を通じてメディア各社に説明文書を送付しており、そこには、赤江アナの報道に携わる者としての強い使命感と、感染が拡大する現状への強い危機感が綴られています」(テレビ局関係者)

「いまだに売名行為などという心ない言葉もあり」

 この文書は現在、TBSラジオの公式サイト上でも公表されており、「以下の文章を本日(4月17日)付けで『追記』として赤江珠緒さんから頂きました」として掲載されたその文書は、以下の内容となっている。

<この度は私どもの私信を、取り上げて頂き

ありがとうございます。病気という個人的なことを公の場であちこちで語ることには

いまだに売名行為などという心ない言葉もあり

闘病中の生活の中で、発信するのは、なかなかハードルが

高いところです。

ただ、ここまで社会を変えてしまった病気の正体をしっかり知る

為には、経験者が語り、それを社会としてムラなく集めるという

事には少なからず意味があると私は考えています。

実際、この病は、個人差が症状にも相当あり、命を落とす人も

いれば、驚くほど軽くやり過ごせた人もいるかもしれません。

それぞれは一例に過ぎなくても、それが集まれば

この未知の病の輪郭が、少しははっきりするのでは

ないでしょうか。

とはいえ、コメントを出すのは本当に難しいと実感しています。

今の時代、発信した事は、切り取られ、さまざまな媒体で

報道されます。

私も細心の注意は払ったつもりですが、誤解されている点もありますので、

改めてお伝えして頂きたく思います。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ