木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像1
「coming soon…」の文字が大きく記された『半沢直樹』公式サイト(2020年4月21日時点)

“コロナショック”が依然として猛威を振るうなか、緊急事態宣言は全国に拡大。4月からスタートする予定だった新ドラマが続々と放送延期を余儀なくされていることは既報の通りだ。 

 当初は7月から東京オリンピックが始まる予定だったこともあり、「視聴率がオリンピックに全部持っていかれるため、各局7月期のドラマは捨てるつもりでいる。そのぶん、4月期のドラマには予算や人員含め、今年で最も力が入っている」(ドラマ関係者)とまでいわれ、“2020年最注目のクール”になるはずだったという4月期ドラマ。現時点ではまったく予断を許さない状況となってしまったわけだが、あるテレビ誌の記者はこの難局を次のように分析する。

「本来なら、この4月期スタートのドラマで視聴率をしっかり取って、7月期のドラマは実験的な作品などを試す枠にしたかったはず。そのため、4月期はより視聴者を取り込みやすい続編モノが多数ラインナップ。視聴率レースとしては7年ぶりに復活する『半沢直樹』(TBS系)の圧勝だと思いますが、いまオンエアしても前作ほど視聴率が取れるかどうか。というのも、ドラマのなかの半沢がどれだけ窮地に追い込まれたとしても、今や日本はおろか世界中が窮地に追い込まれているわけですから、視聴者にはたいして響かないと思うんですよね。『倍返し』じゃきかないぐらいの疲弊感が国民にはあるわけですから。

 今は撮影休止中ですが、もしGW明けまで撮影休止が延びるとなると、もしかして4月クール自体の放送をがとりやめになるかもしれません。仮に5月からスタートできたとしても、6月末までに最終回を迎えることは非常に難しく、全話を縮小せざるを得ない。『半沢直樹』は平時に放送したら確実に高視聴率を叩き出すはずなので、テレビ局側からすると縮小させるのも避けたいはず。オリンピックも1年延期になったことですし、いっそのこと7月期スタートのドラマとして仕切りなおしたいというのが正直なところでしょうね。ただ、スポンサーや7月に待機しているドラマなどとの兼ね合いを考えると、あまり現実的ではないですが……」

木村拓哉みずから撮影中止を提案か

『半沢直樹』と同様に注目を集めているのが、木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)。こちらも前作の評判が上々なため、2年ぶりの復活となったわけだが、同じく初回放送の延期が発表済みだ。ある制作会社ディレクターは次のように語る。

「テレビ朝日は、看板番組である『報道ステーション』でメインキャスターを務める富川悠太アナの新型コロナ感染が発覚したあと番組スタッフへの感染も判明、本社ビルの全館消毒が決定され、現場社員に対してもオフィスへの立ち入り禁止を強いることに。局内の雰囲気としては、『ドラマの撮影再開などあり得ない』といった感じです。

 また、木村さんはスタッフの健康被害を憂慮し、どこにも先駆けて撮影中止を提案したといいます。『BG~身辺警護人~』はボディガードものですし、要人や敵と密接、密着せざるを得ないバトルシーンも相当多い。ドラマの撮影現場では、ストーリーにかかわらず“3密”状態が生じるのは普段から避けられないわけですが、同作はそのなかでも密着度の強い物語であり、さすがの木村さんも危機感を募らせているのでしょう。

 それに加えて、外ロケが基本できないのもかなり痛い。『半沢直樹』は会社が舞台のためまだセットでいけるところが多いですが、『BG~身辺警護人~』の場合、要人のボディガードのシーンなどは確実に外ロケですし、相当数のエキストラも必要。となると、まず緊急事態宣言が解除されるまでは撮影再開は難しいでしょうね」

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像2
4月16日の放送開始日の延期の案内が掲示されているドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の公式サイト(2020年4月21日時点)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ