IKEA、この春買うべき日用品5選!人をダメにするテーブル、高機能WiFiスピーカーの画像1
IKEAの店舗

 スウェーデン発祥の大型家具量販店であるIKEA。3月現在、全国に9店舗を展開しており、その多くが郊外にあるにも関わらず、IKEAの商品はメディアやSNSで取り上げられやすい。5月28日には、国内初の都心型店舗を東京・原宿にオープンさせる予定で、ますます話題になる機会が増えそうだ。

 そんなIKEAが現在の地位を築いた背景には、リーズナブルでありながらスタイリッシュで、機能性の高い商品たちが支持されてきたからにほかならない。今回は世間の口コミを参考に、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この春、買うべきIKEAの商品」を5つピックアップ。この記事をチェックすれば、店内が広いIKEAでもスムーズに買い物できるはずだ。

SYMFONISK(ブックシェルフ型WiFiスピーカー)/1万4990円(税込、以下同)

IKEA、この春買うべき日用品5選!人をダメにするテーブル、高機能WiFiスピーカーの画像2

 IKEAは電化製品も販売しており、なかでも最近じわじわと注目されているのが「SYMFONISK」というWiFiスピーカーだ。

 このスピーカー、壁に取りつければブックシェルフにもなるという、大胆な発想の商品。こんな機能をつけたら、肝心の音質がないがしろになっているのではないかと心配してしまうが、スピーカーブランド・Sonosとの共同開発商品のため、その点は安心できるだろう。

 IKEAとSonosのコラボ製品は、このブックシェルフ型WiFiスピーカーのほか、テーブルランプ型スピーカーも展開されている。店頭で自由に音楽を再生可能なブースを設けている店舗もあるので、新しいものが好きな方は、試してみてはどうだろうか。

DJURA(ベッドトレイ)/1499円

IKEA、この春買うべき日用品5選!人をダメにするテーブル、高機能WiFiスピーカーの画像3

 ベッド周りの便利グッズも充実しているIKEAだが、今回は「DJURA」というベッドトレイをおすすめしたい。

 ベッドトレイとは、ベッドに座りながら使える机のこと。自分の膝の上に置けるため、ベッドから一歩も動かなくても食事することができる可能だ。サイドテーブルとは訳が違う、まさに“人をダメにするテーブル”ともいえるだろう。足先が意外と細くなっているので、柔らかい布団の上にもしっかりと刺さり、想像以上の安定感がある。

 今回ピックアップしたのは、ベッドトレイのなかでも一番レビュー件数が多いウッド×ホワイトデザインのものだが、オール木製のものやオールホワイトのバージョンも人気が高いため、気になった方はIKEA公式サイトや店頭をチェックしてみてほしい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ