NEW
垣田達哉「もうダマされない」

東京・小池知事、再び“買い占め”を誘発する発言…「スーパー入場制限」示唆で客殺到の懸念

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

東京・小池知事、再び“買い占め”を誘発する発言…「スーパー入場制限」示唆で客殺到の懸念の画像1
新型ウイルス肺炎が世界で流行 小池都知事が会見(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 小池百合子東京都知事が、また消費者の買い溜め行為を煽る発言をした。22日配信の毎日新聞記事は、次のように報じている。

<東京都の小池百合子知事は22日午前、各地のスーパーで混雑が生じている問題について、入店規制などの対応策を検討していることを明らかにした。報道陣の取材に「スーパーは大変『密』な状況になっている。入店を何人までにするとか、お待ちになる方の間とか、早急に検討しているところです」と述べた>

 小池知事が記者会見で「ロックダウン(都市封鎖)」という言葉を発したことがきっかけで、消費者の買い溜め行動が起きたといわれている。法的にはロックダウンができないことがわかっているのに、あえて消費者に危機感を煽るために「ロックダウン」と言った。消費者は「ロックダウンができないまでも、最大限の権力を使ってロックダウンに近いことをするに違いない」と感じ、「まずは食べものがなければ生きていけない」と思い買い溜め行動に走った。

 そんな状況のなかで、今度は「スーパーでの入場制限」という話が出た。東京都の世帯数は約730万世帯、23区で524万世帯ある。例えば、世帯に1人という制限をすると、23区で524万人がスーパーの入り口で並ぶことになる。

 一般社団法人全国スーパーマーケット協会が運用するサイト「統計・データでみるスーパーマーケット」によれば、東京都の食品スーパーと総合スーパーの合計は2789店舗となっている。「買い溜めはするな! 必要な分だけ買え」と言われているので、毎日買い物に出かけるとすると、都内が2000店舗の場合、1店舗当たり平均で2620人が並ぶことになる。2割の世帯が宅配等で食品を購入するとしても、1店舗当たり2096人が並ぶことになる。これが、1週間に1度の買い物なら、7分の1になるので、1日当たり約299人。1週間に2度なら1日当たり1048人となる。

 しかし、これはあくまで単純計算であり、普段でも混む店と空いている店があるように、入場制限や買い物点数制限となれば、買い物客が殺到する店が出てくる。開店時間前の早朝から大行列ができる店舗も出てくるだろう。

 しかも1世帯1人という制限が付けられると、1人で運べる量は限られてくる。個数制限されれば、夫婦が分かれて並ばないと必要数が手に入らなくなるので、行列はもっと伸びる。そこに1店舗1000点限りという制限まで付けられると「整理券をもらうための行列」や「前日の夜からの泊まり込み行列だ」ということが起きるかもしれない。

生活をどこまで犠牲にすればよいのか

 トイレットペーパーやマスクはなくても生きていけるが、食料品はなくては生きていけない。並ぶことができなかった消費者は、スーパー以外のところ(まさに闇市)で高額な食料品を買わなくてはいけなくなる。3月27日付本連載記事でも述べたが、まさに「戦時下」の日本に近づいてくる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ