ここのところ順調に飛ばしてきていた王将フードサービスも3月の既存店売上高は3.5%減。テイクアウト・デリバリーが売り上げを下支えしたが、それでも8カ月ぶりのマイナス成長となった。幸楽苑HDは21.6%減、ハイディ日高は20.0%減った。

ハンバーガー2社が大健闘

 逆風が吹き付けるなか、ファーストフードは健闘した。牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーHDは7.8%減、吉野家HDも1.8%減と下落率は小幅。日本マクドナルドHDは0.1%減った。前年実績を下回ったのは52カ月ぶり。客数は7.7%減で大幅に落ち込んだ。特に東京都や大阪府などが外出自粛要請した3月下旬以降の客足に影響が出た。

 一方で、マックの客単価は8.3%増。3月上旬の小中学校、高校の休校で家族連れなどグループでの利用が目立ったためだ。濃厚接触を避けたい消費者の持ち帰りやドライブスルーの伸びが客単価を押し上げた。モスフードサービスは0.9%増だ。デリバリー需要を取り込んだハンバーガー2社が大健闘した。

 非常事態宣言を受け、外食業界は総崩れ。4月は歴史的に落ち込みを記録することになるとみられている。コロナが収束に向かい人出が回復しないかぎり、外食の浮上は難しい。

【外食の3月の既存店売上高 前年同月比増減率、%】

企業名(主力ブランド名)           2月     3月

<ファーストフード>

・日本マクドナルドHD(マクドナルド)    14.7    ▲0.1

・モスフードサービス(モスバーガー)     15.9    0.9

・ゼンショーHD(すき家)          10.0    ▲7.8

・吉野家HD(吉野家)            ▲2.1    ▲1.8

<レストラン・ファミレス>

・すかいらーくHD(※ガスト等)       ▲0.4    ▲23.9 

・ロイヤルHD(ロイヤルホスト)        3.9    ▲20.3

・サイゼリヤ(サイゼリヤ)          6.6     ▲21.5

・ジョイフル(ジョイフル)          3.1     ▲16.1

・JFLAHD(牛角)              14.4    ▲15.8

・木曽路(木曽路)             ▲1.5     ▲42.4

・ペッパーフードサービス(いきなり!ステーキ) ▲38.7    (未開示)

<麺類・定食>

・幸楽苑HD(※幸楽苑等)          ▲6.1    ▲21.6        

・ハイディ日高(※日高屋等)         4.7    ▲20.0

・王将フードサービス(餃子の王将)      9.9    ▲3.5

・トリドールHD(丸亀製麺)          8.6    ▲13.5

・大戸屋HD(大戸屋ごはん処)        ▲3.2    ▲20.7

・リンガーハット(リンガーハット)      ▲2.8    ▲7.4

・壱番屋(カレーハウスCoCo壱番屋)      2.5    ▲9.8

<回転ずし>

・スシローグローバルHD(スシロー)     12.0    ▲13.7

・カッパ・クリエイト(かっぱ寿司)      8.0    ▲28.2

・くら寿司(※無添くら寿司等)        12.2    ▲15.5

<居酒屋>

・鳥貴族(鳥貴族)              6.0    ▲16.1

・ワタミ(※ミライザカ等)           1.1    ▲40.4

・コロワイド(※甘太郎等)          3.4    ▲27.6

・大庄(※庄や等)              ▲4.0   ▲41.7

・串カツ田中HD(串カツ田中)         2.9    ▲22.6

<喫茶>

・ドトール・日レスHD(ドトールコーヒーショップ)▲3.5 (未開示)

・コメダHD(コメダ珈琲店)          12.9   ▲9.5

(増減率は主力ブランド、※印は全ブランド合計の増減率、HDはホールディングスの略、▲はマイナス)

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合