NEW
垣田達哉「もうダマされない」

コロナ禍下、バター・チーズ・キャノーラ油原料の輸入激減…価格高騰の懸念も

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ禍下、バター・チーズ・キャノーラ油原料の輸入激減…価格高騰の懸念もの画像1
「photo AC」より

 4月15日付本連載記事『食料不足始まる兆候』で指摘した小麦以外にも、輸入が大幅に減少した食料品がいくつもある。

 乳製品では、バターの輸入が激減している。今年1~2月累計で、数量ベースで前年比▲39.4%、金額ベースで▲40.1%である。バターの輸入先は、昨年も今年も第1位のニュージーランドが約半分を占めている。以下、昨年は第2位はオランダ、第3位はフランスだったが、今年はフランス、ドイツとなっている。どの国からの輸入も減少しているが、第1位のニュージーランドが昨年の約50%減となっている。バターの自給率は約76%なので、すぐに不足するわけではない。ただし、輸入の2桁減が続くようであれば、国内在庫も手薄になり市場価格が高騰する可能性がある。

 バターより深刻になる可能性があるのはチーズだ。チーズの自給率は約14%(農水省畜産部調べ:ナチュラルチーズベースの消費量に対する国産割合)とバターに比べてかなり低い。日本で人気のプロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤を加えて成型したものだ。ナチュラルチーズのほうがプロセスチーズより消費量は多いが、日本でプロセスチーズに加工するため、ナチュラルチーズを大量に輸入している。

 輸入先の第1位は豪州、以下ニュージーランド、米国と続く。米国からの今年の1月~2月累計の輸入量は、前年比約10%増(数量ベース)だが、豪州(同約20%減)とニュージーランド(同約7%減)の減少幅が大きい。豪州とニュージーランドも、米国ほど感染者数は多くはないが、新型コロナウイルスの影響は甚大だ。両国の輸出産業への影響度合いはわからないが、終息が長引けば、当然日本への影響も出てくるだろう。

コロナ禍下、バター・チーズ・キャノーラ油原料の輸入激減…価格高騰の懸念もの画像2

植物性油脂原料

 植物性油脂原料でも、輸入量が激減した品目がある。調理用油では、一番使用されているのが菜種油(キャノーラ油)だが、自給率は1%未満でほぼ0に等しい。その採油用菜種の輸入が、今年1~2月累計では数量ベースで前年比24.8%減と激減している。しかも採油用菜種の輸入先は、輸入総量30万9723トン(1月~2月累計)の99%がカナダ(同30万6198トン)である。カナダからの輸入が止まれば、日本の菜種油は全滅に近い。

 一方、菜種油そのものも輸入している。採油用の菜種の輸入が少ないとわかっていたようで、菜種油そのものの輸入は、数量ベースで前年比251.6%(1月~2月累計)と倍増している。ただし、2カ月間で8195トンと採油用の30分の1以下の数量であり、ほとんどがカナダからの輸入だ。やはりカナダ頼りの菜種油だといえる。

 農水省はホームページで食料供給情報を公表しているが、そのなかには家庭用調理油については一切触れられていない。店頭在庫が不足していないので、情報が提供されていないのだろうが、自給率が0に等しいので非常に心配な食料品の一つだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ