NEW

エイベックス松浦会長と“歌姫”に違法薬物報道、警察による逮捕への“大きな障害”

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 さらに、この元社員も薬物をやっていたと話しているのに加え、元社員は松浦氏に個人的な恨みを持っており、エイベックスとも現在係争中ということなので、物的証拠や自供がなければ、裁判官がどう判断するのかという問題もある。もし逮捕ということになれば、松浦氏は一流の弁護士をそろえてくるでしょうから、こうした事情を考えれば、警察が踏み切るまでには相当なハードルがあると思います」

 また、警察に詳しい全国紙記者も語る。

「エイベックスの現取締役には、検察で刑事部長や公安部長を歴任した人物がおり、過去にも警視庁トップである警視総監OBなどを顧問に迎え入れるなど、エイベックスは当局と関係が深い企業として知られています。一所属タレントである沢尻とは違い、松浦氏は同社の会長であり、もし逮捕となれば社会的な重みがまったく違ってきます。さらに、もし東証一部上場企業のトップを逮捕して無罪となれば、警察の大失態となってしまうだけに、確実にクロに持っていける自信がなければ、手を出すのは難しいでしょう」

 今後の動きが注目される。

(文=編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら