加藤紗里、女児出産も動画生配信が物議…「派手な化粧が不快」「出産を甘く見てる」と批判もの画像1
加藤紗里Instagramより

 タレントの加藤紗里が第1子となる女児を出産した。

 27日夜、自身のユーチューブチャンネル「加藤紗里【情熱的に欲張りで美しく】」で破水して出産が近づいている様子を配信していた。28日に入ってからも、「12時間が経ちましたがまだ生まれてません」と題する動画を配信。自宅での出産の様子を配信することに賛否はあるものの、無事に出産できるように励ます声が多数寄せられていた。

 一方で、そんな加藤の動画をみた視聴者からは、「出産直前なのに、派手な化粧やネイルをしているのが不快」「爪とかアクセみてると、出産に対する意識低い」「アクセサリーに爪は今のうちに取るべき」など、加藤の出で立ちを指摘する声が多かった。

 加藤は昨年9月に不動産会社経営の男性と結婚したものの、今年1月に離婚を公表。離婚理由について、「5月から付き合って、結婚するまでの3カ月間で1億円以上を使わせた。そしたら向こうの経営が傾いちゃって。そんなもんで傾く男いらないでしょ。『金がない男に興味はない』とずっと言っている。だから興味ないなと思って離婚した」などとかたり、「男を金だけで判断している」などと猛批判を浴びた。

 離婚から9日後には、妊娠を公表。シングルマザーとなる意向を示していた。当初は出産予定を「初夏」と発表していたものの、今月に入り「すでに臨月」であることを明かし、27日に破水したという。

 病院での出産ではなく自宅出産することについては、撮影のためではなく、新型コロナウイルスの院内感染が怖いからだと説明。「立ち会ってもらえないことも心細いです。怖いけどみんな応援してください」と、ファンに向けてメッセージを出していた。

 加藤は自身のインスタグラムで、「およそ16時間に及ぶ激動のすえ、無事に第一子の女の子を産むことができました」と出産の様子を明かしつつ、「応援してくださったみなさまありがとうございます!! ほんとに可愛く愛おしくて、こんな天使が紗里のところに来てくれたことがうれしいです」とファンに感謝を伝えた。

 加藤は27日に、政府から配布されたマスクを「ナイトブラ」にしたとして、自身の胸に装着している写真をインスタグラムに上げ、「不謹慎すぎる」などと批判されるなど、世間から不興を買う言動を連発している。だが、そんな声をまったく意に介しないメンタルの強さが、加藤の持ち味でもある。

 母となった加藤は、さらに強さを増していくのか。それとも“優しい母”に変わっていくのか。注目していきたい。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ