厚生労働省、今さらドライブスルーPCR検査実施の裏事情…抗体検査は有効なのか?の画像1
抗体検査キット

 厚生労働省がようやく「ドライブスルー方式」でのPCR検査の実施を認める事務連絡を全国に出した。「事務連絡」といえば聞こえはいいが、早い話は自治体への「丸投げ」である。4月22日の江戸川区を皮切りに、ぽつりぽつりと検体採取用のテントが設けられ、それぞれ1日10検体くらいだった検査が、これにより2倍から3倍に増えるという。

 その結果が、今後の日本の新型コロナウイルス新規陽性者数に、果たしてどのように跳ね返るのだろうか。明らかに後手後手に回った末の追認だが、これまでPCR検査をもっと増やすべきだと批判してきた、医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏は、厚労省の方針転換をこう断ずる。

「アベノマスクと一律10万円給付で政府が叩かれている間に、厚労省は猛烈な勢いで方向転換しようとしているんです。だから、東京都の患者数も急に増えてきた。PCR検査は安倍総理がいくら言ってもやらなかったけど、日本医師会が言い出したらすぐにやりましたからね。厚労省は医師会にはお世話になるからです。結局、緊急事態宣言の効果が全然測定できず、日本は感染をコントロールできない状態だと、自分たちで世界中にアナウンスしているようなもんです。厚労省の連中は姑息です。官邸の対策室の指揮官が加藤厚労相から西村経済再生担当相にシフトしたので、自分たちが表に出なくてよくなったからです」(上氏)

 そう。やろうと思えば「ドライブスルー方式」などいつでもできたのだ。ただ、やる気がなかっただけの話だ。だから、やる気になればなんでもできる。英国やドイツ、米国がPCR検査に加えて実施している、新型コロナウイルスの抗体検査の早期実施も検討中で、早ければ4月中にも結論を出すというから驚きだ。このウイルス抗体検査も、上氏は3月下旬から試験的に勤務先のクリニックで実施してきた。抗体検査について、上氏はこう解説する。

「PCR検査は今、患者さんの体にウイルスがいるかいないか、感染しているかどうかを調べるための検査です。抗体検査というのは、病気が治った人が血液中に持っている物質(抗体)を調べるための検査です。両方とも感染症対策の基本なので、たとえば、はしかの場合は抗体があればワクチンを使わなくていいですよと、そういうかたちで使われている基本的な検査なんです。

 でも、検査の系を確立するうえで、圧倒的に簡単なのはPCR検査です。抗体検査の場合は抗体を見つけるための物質(抗体)を見つけるのに時間がかかるからです。PCR検査は遺伝子の配列がわかれば即座に始まるんですが、抗体検査をするにはけっこう時間がかかります。今もいい抗体を見つけるための抗体を世界中が一生懸命探している。世界中でいろんな抗体検査キットがつくられ、そのなかで最もフィットするものが、最後に普及する抗体検査キットになります。

 抗体検査は臨床的な検査法であるだけではなく、統計学的な手法で感染者の割合を推計するためにも有効です。すでに、新型コロナウイルスの感染者が人口のどれくらいの割合なのかを推計するため、人々の血液に含まれる抗体を調べる大規模な検査が、アメリカの西部カリフォルニア州で始まっています。血液に含まれる抗体の有無を調べることで、その人が過去にウイルスに感染したことがあるかを調べるためです」(同)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ