『プロフェッショナル』SMAP特集、再放送にジャニーズが難色か…NHKが異例ツイートの画像1
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、テレビ局が番組制作に苦慮している。ニュースや情報番組はリモート出演で乗り切っているが、注目度が高いTBS系の『半沢直樹』をはじめ4月期のドラマは軒並み放送延期になり、バラエティ番組もロケを行えず、ひな壇に芸人を集めての収録も難しい状態だ。

「4月は収録済のストックで対応できましたが、5月以降はそれもどんどんなくなってくる。緊急事態宣言も延長されそうですし、どうやって乗り切ればいいのか頭を悩ませています」(制作会社スタッフ)

 番組の収録ができないとなれば、総集編や再放送でしのぐしかない。もう一度見たい過去の放送のリクエストを募っている番組もある。4月29日には、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』の公式ツイッターが「たくさんの再放送リクエスト、ありがとうございます。特に #SMAPスペシャル!こんな時だからこそもう一度見たい…という気持ちは私たちも同じです。可能性、探り続けていきます」と投稿した。SMAPファンからは2011年12月24日放送の『プロフェッショナル仕事の流儀 SMAPスペシャル完全版』(NHK-BS)をオンエアしてほしいというリクエストが多数寄せられており、NHKはそれに反応したようだ。

「公式のツイートには本当に驚きました。テレビ局は映像を勝手に流せるわけではありません。事務所の許可が必要です。今、木村拓哉以外のメンバーはジャニーズ事務所所属ではありませんが、当時の映像の肖像権はジャニーズにあるので、事務所がゴーサインを出さない限り、オンエアはされません。よく過去の映像をまとめた音楽番組でSMAPがオンエアされないと、ネット上でファンからテレビ局への不満があがっていますが、局は流したくても流せないんです。NHKはそんな事情を知ってほしい意味もあって、ツイートしたのかもしれないですね」(テレビ局関係者)

 ジャニーズ事務所は過去の映像に対して、簡単には許可を出さないようだ。

「特にSMAPの『プロフェッショナル』をオンエアすれば、またネット上で『なんで解散させたんだ!』という声が沸き上がるでしょうから、事務所としては拒みたいでしょう。ジャニーズは今回、NHKの番組公式ツイッターが発信したことを快く思わないはずです。しかし、以前でしたら、テレビ局が公式にこんな内容を発信することは考えられなかった。これは暗に“私たちはオンエアしたいけど、事務所が許可してくれない”と言っているのかもしれません」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ