岡村隆史『チコちゃん』MC降板要求の署名運動も…“風俗嬢楽しみ”発言の批判収まらずの画像1
「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン – オールナイトニッポン.com」より

 お笑いタレント岡村隆史(ナインティナイン)の“不適切発言”に対する批判の声が収まらないところか、さらに高まっている。

 4月23日深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)において岡村は、読者から「コロナウイルスの影響で風俗に行けない」ことについての意見を問われると、「コロナが収束したら絶対、面白いことあるんですよ。コロナが明けたら、なかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。これ、なんでかって言うたら、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と語り、コロナ明けに生活苦に陥った女性が風俗で稼ぐことを楽しみにしているとの見解を示した。

 この発言が、「女性蔑視だ」「風俗嬢を軽視している」などと批判が殺到した。

 事態を重く見たニッポン放送は27日、番組の公式サイトで謝罪文を掲載。「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」と、陳謝した。

 また29日には、ナインティナインが所属する吉本興業も公式サイトで謝罪文を掲載した。また、教育系番組『チコちゃんに叱られる!』や大河ドラマ『麒麟がくる』に出演しているNHKも吉本興業に対して「遺憾の意」を伝えたと報じられている。

 だが、事態は収束する気配がない。インターネット上では『チコちゃんに叱られる』の降板及び謝罪を求める署名活動が巻き起こっている。署名サイト「Change.org」では、「社会に多大な影響力を持つ一流のお笑い芸人が、女性軽視だけでなく、経済的困難により売春をせざるをえない若い女性の搾取を促す発言をした」として岡村を批判し、吉本興業に対して所属芸人への教育の徹底とともに、『チコちゃんに叱られる』のMCを降板するように求める署名活動が展開されている。

 岡村が騒動を巻き起こす発言をしてから1週間。30日深夜の『オールナイトニッポン』において、自身の口から直接謝罪するとみられている。岡村は吉本興業の公式サイト上で「世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております」と謝罪文は出しているが、あらためて生放送で語る。その発言によっては、岡村の今後の活動が大きく左右されかねない。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ