NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

ドッグフード、発がん性の疑いある着色料使用が蔓延…イヌ、色は無関係に食べるので不要

文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

ドッグフード、発がん性の疑いある着色料使用が蔓延…イヌ、色は無関係に食べるので不要の画像1
「Getty Images」より

 イヌやネコなどのペットは家族も同然と感じている人は多いでしょう。そんなペットに市販のドッグフードキャットフードを与えている人は少なくないと思いますが、ひとつ大きな問題があります。それは、多くの製品に危険性の高い着色料が使われている点です。

 最近のドッグフードやキャットフードは、各種の栄養素をバランスよく含んでいます。穀類や豆類、肉類、野菜類などさまざまな種類の食材が使われており、さらにミネラル類やビタミン類が強化されているのです。

 イヌを飼っている家庭では、ドッグフードのみを与えているケースもあるでしょう。ですから、ドッグフードにはたんぱく質、脂肪、炭水化物、ミネラル、ビタミンなど、イヌの成長に不可欠な栄養素がすべて含まれている必要があります。そのため、さまざまな食材を使い、さらにミネラル類やビタミン類を強化しているのです。

 ところが、そんなイヌの体によさそうに見えるドッグフードですが、実はイヌにとって不必要で、しかも悪影響をおよぼす可能性のあるものが使われています。それが、着色料です。

 東京都内のあるドラッグストアで購入した代表的なドッグフードには、タール色素の赤色40号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号、さらに二酸化チタンが使われていました。タール色素は、「アゾ結合」や「キサンテン結合」という独特の化学構造を持ち、その化学構造や動物実験の結果から、発がん性の疑いが持たれているのです。

 過去に食品添加物として使用が認められていた赤色1号、赤色101号、紫色1号、黄色3号などのタール色素は、発がん性があるという理由で、現在は使用が禁止されています。また、今でも使用が認められている赤色2号については、アメリカで行われた動物実験で、発がん性の疑いが強まったため、同国では使用が禁止されました。

 前出の赤色40号と黄色5号は、赤色2号と化学構造がよく似ているため、これらも発がん性の疑いが強いといえます。また、赤色106号は、諸外国では発がん性の疑いがあるとの理由で、添加物としての使用が認められていません。青色1号は、それを溶かした溶液をネズミに注射した実験で、がんの発生が認められています。

 さらに、二酸化チタンは、原材料を白く着色するためのものですが、ネズミに2年間吸引させた実験で、肺がんの発生率が高まることが確認されています。

着色料不使用の製品も

 ペットフードの製造会社は、なぜこうした危険性のある着色料をあえて使うのでしょうか。その理由は、えさに緑、うす黄、赤茶などの色を付けて、見た目をきれいにするためでしょう。つまり、カラフルなえさにすることによって、飼い主の購買欲をそそろうとしているのです。しかし、イヌにとってはえさに色がついていようといまいと関係ないのです。おいしければ食べるのです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ