生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「使いすぎが怖い」といった理由で、コンビニや銀行ATMでちょくちょく小銭を引き出している人は案外多いのでは? でもそれ、ものすごく損しているかも! ATMの時間外手数料は1回110円~220円もかかるため、年間では1万円以上損している可能性があるのだ。少しでもお金を節約したいなら、真っ先にムダなATM手数料を見直そう。今回は、貧乏性で頻繁にATMを使う人にチェックしてほしい「ATM手数料節約」の方法を紹介する。

「お金の節約」はまず無駄なATM手数料の見直しから

コンビニや銀行のATM手数料で大損しているかも?年間では1万円以上損している可能性もの画像1
(Image:Quality Stock Arts / Shutterstock.com)

 いつでもお金を引き出せる便利なコンビニや銀行ATMだが、忘れてはいけないのが時間外手数料だ。普段、ATM手数料がいくら引かれているか考えたことがないズボラさんもいるだろうが、「サイフにお金があると使うってしまう」といった理由で、ちょくちょく小銭を引き出していると、年間ではとんでもない金額を取られていることがある。

 ATMの引き出し手数料は昼間無料でも、時間外(早朝や夜)、土日祝日、提携先コンビニATMなどでは、1回お金を引き出すのに110円~220円の手数料がかかってしまう。仮に週1回220円の手数料を取られると、1カ月で880円、年間ではなんと1万560円も損していることになる。

 これがどのくらいの損かと言えば、たとえば、大手銀行で1億円を1年間定期預金(0.01%)したときの利息が1万円である。また、コンビニでキャッシュレス決済して5%のポイント還元を受けても、20万円以上使わないと1万ポイントはもらえない計算になるのだ。

「お金の節約」というと、つい銀行に預金してみたりクーポンを使うことなどばかり考えがちだが、まず最初に見直すべきは、ムダなATM手数料であることがお分かりいただけるだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ