岡村隆史が風俗発言謝罪の番組、放送中にスタッフの笑い声…ネタはがきコーナーも放送の画像1
岡村隆史のInstagramより

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け政府は緊急事態宣言を発出し、東京都は“3密”による感染の可能性が懸念される施設・業種に対し休業要請を行い、幅広い業界に経済的な打撃が広まっている。

 都の営業自粛要請の対象には、「個室付き浴場業に係る公衆浴場」など、いわゆる風俗業も含まれているが、タレントの岡村隆史(ナインティナイン)が4月23日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で発言した内容が批判を浴びていた。

 岡村は同日の番組内で「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです。収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢やります」などと発言。これを受け27日、ニッポン放送が同番組の公式サイト上で謝罪し、29日には岡村本人も所属する吉本興業を通じて謝罪コメントを発表していた。

 その岡村は30日深夜放送の同番組に出演し、冒頭で「先週の『オールナイトニッポン』で僕の発言によって、たくさんの人たち、特に女性のみなさんに不快感を与えたことについて、心から謝罪いたします。本当に申し訳ございませんでした」などと謝罪の言葉を繰り返した。

 放送開始から40分ほどが経過した時点で相方の矢部浩之が「やったな、やってもうたな。もたんやろ、2時間」と言いながら登場し、トークに参加。「公開説教しよと思って、今日は。あんまりいい感じやないやない、ナインティナイン。今日は、いい機会やろ思ってきたのよ」などと言い、現在、岡村との関係が良くないことを明かした後、約1時間にわたり、日頃の岡村の言動で気になっている点を次々と指摘していった。

 岡村は2010年に病気で約5カ月間休養したが、復帰を果たしたテレビ番組の収録終了後のエピソードとして、矢部は「あんたからメールが来たのよ。『すべて笑いに』って一行。いやいや、もうちょいあるやろ。オフのところが大事なんじゃないかな。そういうことを見たくなくて距離を取ったとこがあるのよ」と振り返った。岡村が休養中、矢部は『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを一人で務めていた。

 また、岡村が目上のタレントから収録後に食事に誘われた際、「お願いします、ぜひ行かせてください」と応じた後に楽屋へ戻り、マネージャーに「仕事って言って断って」などとマネージャーを使って断りを入れることがあると明かし、矢部は「自分で言えよと。誘われた直接の人には言わない。これは逃げだと思う。根っこの性格かもしれないし」と批判した。

 そしてスタッフへの態度についても指摘。楽屋で打ち合わせをしている際にスタッフがコーヒーを持ってきてくれた際の岡村の反応として、「コーヒー持ってこられて『ありがとう』がない。コンビの仕事も少ないけど、たまにすると余計に入ってくる。昔は気づかなかったかもしれないけど、たまに会うから」と配慮のなさを指摘した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合