オンラインでのオーケストラ演奏、タイムラグをどう解消?最先端技術とプロ演奏家の技の画像1
「Getty Images」より

 16世紀中期のイタリア・ヴェネチアで、弦楽器と管楽器が一緒に演奏するオーケストラが始まって以降、初めて世界中でオーケストラが止まっています。

 そういうと第二次世界大戦中もオーケストラどころではなかったのではないかと思われるかもしれませんが、たとえば、アメリカのニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団(現ニューヨーク・フィルハーモニック)は盛んに演奏し続けていました。また、ドイツのナチス党首アドルフ・ヒトラーは、本人の芸術好きもあり、ドイツのオーケストラを止めることはありませんでした。

 ニューヨーク・フィルハーモニックといえば、アメリカを代表する指揮者でミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の作曲家でもある、当時副指揮者だったレナード・バーンスタインがセンセーショナルなデビューをしたことが知られています。本番の指揮者であった大巨匠ブルーノ・ワルターが急病で当日キャンセルしたために、リハーサルなしで指揮台に上がったバーンスタインは、実は前の晩にしこたまお酒を飲んでおり、寝ていたところを電話で叩き起こされたのです。二日酔い状態で慌ててコーヒーハウスに行き、コーヒーをがぶ飲みしてからホールに駆けこんだにもかかわらず、今もなお語られる大成功となったわけですが、驚くことに、これも戦時中の1943年の出来事です。

 余談ですが、僕もロサンゼルス・フィルハーモニックの副指揮者時代、音楽監督のエサ=ペッカ・サロネンが、自宅からコンサート会場に向かう高速道路が大渋滞したために演奏開始時間に遅れ、代役を務めたことがありました。本番15分前にステージマネージャーから、「燕尾服は持ってる? すぐに着替えて」と言われたのです。

 副指揮者の仕事のひとつは、めったにないとはいえ、こういった指揮者の急なキャンセルに対応することもあり、いつも燕尾服は事務所に置いてありました。まさか使うことになるとは思ってはいませんでしたが、慌てて着替えて指揮台に上がり、1曲目だけ指揮をしたところで舞台袖に戻ってみたらサロネンは到着しており、頭をかいていました。そして、あとから団員に「レナード・バーンスタインと同じだね!」と冷やかされたのです。

オンラインでのオーケストラ、どうやってタイムラグを解消している?

 さて、今現在、新型コロナウイルスの影響でコンサートができない状況が続いています。僕も一日でも早くホールのステージに戻って、素晴らしいサウンドを皆さんに楽しんでいただきたいところですし、この状況が続くことはオーケストラをはじめとして音楽界全体の危機です。

 そして、オーケストラ楽員にとっては、こんなに長い期間、演奏ができなかった経験はなく、そのフラストレーションも限界に達しています。そんななか、日本を含めた世界中のオーケストラでは、インターネットを使って、さまざまな試みがなされています。

 最初にご紹介したいのは、1972年に小澤征爾氏によって創設された新日本フィルハーモニー交響楽団のオンラインでのオーケストラ演奏です。

 その企画名は「シンニチテレワーク部・テレワークオーケストラ演奏会」です。本来ならば、音楽をはじめとした人間の手でつくられることを基本としている芸術は、テレワークが不可能な業種ですが、それをわざとタイトルにして、オンラインでそれぞれの自宅につないだ楽員が一斉に演奏し、動画をYoutubeで公開。特に『テレワークでパプリカやってみた!』は120万回以上の再生回数で、今もなおその数を増やしているようです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ