積水ハウス、前会長“和田の乱”はなぜ失敗?現経営陣、前代未聞の奇策で逆転勝ちの画像1
積水ハウスが入居する梅田スカイビル(「Wikipedia」より/Inoue-hiro)

 積水ハウスの定時株主総会は4月23日、大阪市内で開催された。阿部俊則会長ら取締役選任議案は可決され、和田勇前会長らによる経営陣刷新の株主提案は否決された。2017年6月、架空の土地取引で55億円を騙し取られた地面師事件の経営責任の追及という、コンプライアンスを前面に掲げての“和田の乱”だったが、結果は不発に終わった。

 会社側は阿部会長、仲井嘉浩社長らの再任を含む12人の取締役選任を提案。和田氏側は社外が過半の7人を占める11人の提案で対抗した。和田陣営の社長候補は、現役の取締役専務執行役員の勝呂文康氏。解任された和田氏の後任として国際事業を担当した。和田派の筆頭と目され、今年の株主総会で取締役を外されるのは確実だった。

 藤原元彦氏は43歳の若さで本部長となったエース中のエース。首都圏の要の神奈川営業本部長を務めた。19年6月、常務執行役員を退任した。山田浩司氏も昨年まで北米子会社のCEOだった。2人とも和田派として粛清された。

 和田氏は代表権を持たない取締役会議長となるという。和田氏が求めた11人の取締役候補のうち、2人は外国人。クリストファー・ダグラス・ブレイディ氏は米投資銀行、チャート・ナショナルのトップ。パメラ・フェネル・ジェイコブズ氏は米スパウティング・ロック・アセット・マネジメントのESG(環境・社会・企業統治)の専門家だ。

“和田の乱”は失敗に終わった

 積水ハウスは4月24日、臨時報告書を開示し株主総会での議決の結果を明らかにした。注目は取締役の選任議案。会社提案の4人の代表取締役と株主提案の社外取締役を除く4人の取締役候補の議決結果は次の通りである。

・会社提案

氏名     役職等             賛成比率

阿部俊則   代表取締役会長         69.27%

稲垣士郎   代表取締役副会長                   72.87%

仲井嘉浩   代表取締役社長                     85.32%

内田隆    代表取締役副社長                   85.97%

・株主提案

勝呂文康   積水ハウス取締役専務執行役員国際事業担当    6.17%

藤原元彦   タカマツハウス社長(前積水ハウス常務執行役員) 2.02%

山田浩司   前北米積水ハウスCEO(2019年まで)      2.03%

和田勇    前積水ハウス代表取締役会長兼CEO(2018年まで) 6.13%

 阿部会長の取締役再任への賛成比率は69.27%。前回の改選期だった2018年の総会と同様に約3割の株主が反対した。完勝とはいえないが、ひとまず総会を乗り切った。一方、和田氏の賛成率は6.13%にとどまった。4人の取締役候補の賛成率は、いずれも1割にも満たない。株主提案で最も賛成票を集めた社外取締役候補の米投資銀行トップのクリストファー・ブレイディ氏でも30.49%だった。結果だけ見ると惨敗である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ