生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 新型コロナウイルスの緊急経済対策で一人10万円の受給をオンラインで申請したり、2020年9月から実施予定の25%ポイント還元制度「マイナポイント」のために、慌ててマイナンバーカードを取得した人も多いと思う。だが、マイナンバーカードには有効期限があるのをご存じだろうか? 今回は将来のために、マイナンバーカードの有効期限と更新手続きについて解説しよう。

有効期限通知書が届いたら更新手続きをしよう!

マイナンバーカードには有効期限があるって知ってた!?更新手続きはどうすればいいの?の画像1
(Image:kojinbango-card.go.jp)

 アナタはマイナンバーカードを持っているだろうか? もしかすると、新型コロナウイルスの緊急経済対策で一律10万円を受給するオンライン申請や、2020年9月から実施予定の25%ポイント還元制度「マイナポイント」のために、急遽申し込んだかもしれない。

 だが、マイナンバーカードは顔写真付きの身分証明書なので、パスポートや運転免許証のように有効期限があるのをご存じだろうか? マイナンバーカードの有効期限はカードの表面に印字されており、20歳未満は発行から5回目の誕生日、20歳以上は発行から10回目の誕生日が有効期限となっている。また、カード表面の電子証明書の有効期限は自分で記入することになっており、年齢に関わらず発行から5回目の誕生日までとなっている。

 それでは、マイナンバーカードの有効期限が迫ってきたらどうすればいいのだろうか? 実はマイナンバーカードの更新対象者には、「J-LIS(地方公共団体情報システム機構)」から2~3カ月前に有効期限通知書が送付されることになっている。引き続き利用したい場合は、有効期限の3カ月前から市区町村役場の窓口などで更新手続きをすることになる。

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合