生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で一気に進んだ感があるテレワーク(在宅勤務)。テレワークでは会社の機密情報を持ち出すことになるので、セキュリティには十分に注意したい。不注意から情報漏えいやハッキングといったなどのトラブルに巻き込まれないためのポイントを紹介していこう。

システムは常に最新の状態にして脆弱性を塞ぐ

テレワーク(在宅勤務)で注意したいセキュリティ6つのポイント ビデオ会議やメールなどの画像1

 セキュリティの基本中の基本だが、パソコンやネットワーク機器の状態を最新の状態にしておくことが重要だ。パソコンのOSやアプリケーション、ネットワーク機器は多くのプログラムが複雑に組み合わさって動作しているため、欠陥が発見されることがある。この欠陥を「脆弱性」や「セキュリティーホール」などと呼ぶ。脆弱性はシステムの弱点に直結しているため、悪用されるとサイバー攻撃の踏み台やバックドアなどに利用されてしまう。

 システムの脆弱性が発見されると、開発会社は脆弱性を塞ぐためのアップデートを開発して配信する。つまり、常に最新の状態にしておけば悪意ある攻撃からシステムを守ることが可能となる。逆に言うと、アップデートしていないシステムは脆弱性がそのままのため、攻撃の対象となってしまう。

 Windows 10の場合、特に設定を変更しなければ自動的にシステムが更新されるようになっている。なお、更新プログラムはいつでもチェックが可能。不安があるときはチェックしておくのがおすすめだ。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ