生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 ちょっとした空き時間に、スマホでNetflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、YouTubeなど、動画配信サービスを楽しんでいる人は多いだろう。だが、動画の配信形式は「ストリーミング」と「ダウンロード」の2種類あるのはご存じだろうか? 配信形式の違いを覚えておくとスマホのデータ通信量をムダ使うことはないのである。そこで今回は、動画の配信形式の基本とSIMのデータ量を節約するワザを解説しよう。

動画配信の基本「ストリーミング」って何?

【今さら聞けない】動画配信ストリーミングとダウンロードの違いと通信量の節約ワザの画像1
(Image:pixinoo / Shutterstock.com)

 NetfilxやYouTubeなどに代表される動画のネット配信サービスを、毎日のように楽しんでいる人は多いだろう。だが、そもそもどうやってネットで動画が配信されているのだろうか?

 ネットでの動画配信には「ストリーミング」という技術が使われている。動画データを細切れのパケットにして送り、スマホに転送されたパケットから順に再生していくのだ。そのためネット速度が遅いと次のパケットが届くまでの間、動画が途切れたり画質が悪くなってしまう場合がある。もちろん、ネット接続ができない場所では視聴することができないが、事前にすべての動画データをダウンロードする手間や時間が不要で、いつでもすぐに再生できる。また、スマホのストレージに大容量の動画データが保存されないのは大きなメリットであろう。

 ただし、SIMのネット回線でストリーミング再生すると、契約しているデータ量を大量に消費してしまう。ストリーミング再生する場合はできるだけWi-Fi(無線LAN)を使うようにしたい。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ