NEW
稲田俊輔「外食のディテール」

シズラー“悪魔的な美味&量”→“胃袋限界”問題を解決する究極メソッドを考案した

文=稲田俊輔/飲食店プロデューサー、料理人、ナチュラルボーン食いしん坊
【この記事のキーワード】

, ,

シズラー“悪魔的な美味&量”→“胃袋限界”問題を解決する究極メソッドを考案したの画像1
シズラー HP」より

 前回の稿でシズラーの「プレミアムサラダバー」の、もはやサラダバーという概念を超えた多彩な品揃え、そして一品一品の充実した魅力については充分にご理解いただけたものと思います。しかしこのことは同時に、非常に解決困難な一つの問題点と表裏一体でもあります。

 それはひとえに「量の問題」。サラダバーに並んでいる料理を一通り食べようとすると、よほどの大食漢でもないかぎり、一周する頃には胃の許容量を容易に超えてしまいます。さらにあの悪魔的な魅力を持つ「チーズトースト」の誘惑に抗えず、ついつい追加オーダーを重ねてしまうと、一周すらとうてい無理でしょう。

 しかもシズラーの料理は基本的には「アメリカン」なのです。これが何を意味するかというと、サラダやデリにしても、あるいはタコスにしても、並んでいる料理の多くはある程度の量をモリモリと食べたほうがおいしいタイプの料理なのです。中身の貧相なタコスはつまらないですよね。やはり、あふれんばかりに具を包み込み、ぼろぼろとこぼれそうになるのと必死に闘いながら大口開けて頬張るのが醍醐味。

シズラー“悪魔的な美味&量”→“胃袋限界”問題を解決する究極メソッドを考案したの画像2
『人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 』(稲田俊輔/扶桑社新書)

 日本人は基本的に「ちょっとずつ色々」をチマチマとつまむ事を好みます。もちろんシズラーのサラダバーはそういう楽しみ方も決して不可能ではないのですが、それだけに終始してしまうとその本領を発揮しきれない恐れもまたあるわけです。なので最高の満足感を目指せば、ますます品数は絞らざるを得なくなる。

 そしてあろうことか、シズラーの魅力はもちろんサラダバーだけではありません。肉や魚介のメインディッシュもまたサラダバーに勝るとも劣らないおいしさ。しかもそれはサラダバー単品にせいぜい1000円程度の追加で楽しめてしまうのです。言っておきますがメインディッシュもそれはそれでなかなかボリューミーです。アメリカンです。

 いろいろ食べたい、できれば全部楽しみたい、でも胃袋の許容量は限界、このジレンマ!

というわけで、私はこれをつつがなく解決する究極メソッドを思い付きました。

「シズラーには2日続けて行け」

 これです。ただし注意してほしいのは、これは決して「2日に分けて全品制覇」という意味ではありません。どういうことか。では具体的に順を追ってこの究極メソッドについて解説していきましょう!

1日目:多くの品数を制覇する

 まず1日目。この時は自分が日本人であることを素直に受け入れます。心残りがないようになるべく多くの品数を制覇するのです。そのためにはメインのグリルはなし、サラダバーオンリーにするほうが良いでしょう。チーズトーストも2枚まで。少食な方は1枚で我慢すべきかもしれません。確実に心残りが生じるでしょうが、ここは心を鬼にしてください。ただしタコスだけはモリモリでないと意味がありません。逆に言えば終盤のタコスフィニッシュに向けて、慎重にそこまでのペース配分を行う必要があるということです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ