明石家さんまもお手上げか…コロナ後のバラエティで生き残るお笑い芸人・消える芸人は誰?の画像1
明石家さんま

 新型コロナウイルスの余波はテレビ業界にも及んでいる。「密」になりやすいドラマの撮影は中止され、バラエティ番組は総集編や傑作選を放送中だ。「新撮」だったとしても、リモート出演やソーシャルディスタンスを保ってトークするなどの工夫でしのいでいる。

 では、コロナ後も生き残るお笑い芸人と、逆に消えていく芸人の違いは何か。本題に入る前に、さまぁ~ずが、ある番組でリモート収録に臨んだ際の感想を振り返ってみよう(5月11日深夜放送『さまぁ~ず×さまぁ~ず』<テレビ朝日系>より)。

大竹一樹「言いたいことの1割言えるかどうかぐらい。(誰かが言うのを)全員待つ(時間が増える)。一瞬のツッコミみたいなことが、もう難しい」

三村マサカズ「パソコン内でお前(※大竹)がボケているのを発見してツッコもうとしても、『続いてはですね』と進行が進んでいる」

大竹「みんなが同じところを見れてないから」

 今まで、タレントはスタジオという同じ空間にいたため、その場の空気を読んで臨機応変に話したり、瞬時にツッコミを入れたりするなど、いわば「団体芸」的なトークを展開することができていた。しかし、リモート出演では自分の目の前にパソコンの画面しかないため、場の空気が読みづらく、臨機応変な対応やアドリブを利かせづらくなっているというわけだ。

さんまもお手上げ?『御殿』休止の衝撃

 こうした影響は、人気番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にも影響を与えているという。

「4月21日の3時間スペシャル以来、『御殿』は収録を休み、過去の傑作選を流しています。ほかの番組がリモート収録にシフトしたり、たとえば『世界の果てまでイッテQ!』(同)は形を変えて国内ロケを始めるなど、なんとかオンエアの糸口を見つけている中、局を代表する長寿番組が約3週間も新たに収録できていないというのは、ショッキングですね」(テレビ局関係者)

 明石家さんまは「トークを料理して笑いに変える」スペシャリストだが、そのための“具材”がないとお手上げということだろうか。『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)も、5月2日の放送では、さんまが1人で過去の名シーンを振り返る内容だった。

 また、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)も長らくスタジオ収録ができなくなっており、5月7日にダウンタウンの2人が36日ぶりに対面し、49日ぶりのスタジオ収録が行われた。5月14日の放送では、ソーシャルディスタンスを保った形でトークを繰り広げるようだが、今後はどうなるだろうか。

「スタジオ収録でのトークに定評がある今田耕司や東野幸治なども、今は仕事がなくなっているそうです。大勢のタレントをさばく『司会』という役割を担うことが多い彼らですが、今後はそのポジションが本当に必要なのかどうかも問われることになりそうです」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ