ジェジュン、寄付連発美談に嫌悪の声が続出…「新型コロナに感染」の嘘が拒絶反応を招くの画像1
ジェジュンInstagramより

 歌手のジェジュンが、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、医療機関ををサポートする目的でたて続けに寄付を行っていることが報じられている。

 ジェジュンは今年、韓国で全国災害救護協会に3000万ウォン(約270万円)、マスク寄付の募金活動に1000万ウォン(約90万円)、韓国消防福祉財団にも1000万ウォンを寄付しており、今回、日本の国立国際医療研究センターにも寄付をしたという。

 ジェジュンは「大変な状況の中、いま僕ができることは何があるのだろうと考えていました。医療従事者の方々の力になりたい、少しでも社会に貢献していきたい、という想いがあり、今回寄付をさせていただきました」とコメント。

 さらに「この事態が収束するまで、どれくらいの時間がかかるのかわかりませんが、乗り越えられるよう、みんなで力を合わせましょう」とファンに向けてメッセージをだした。

 これに対し、国立国際医療研究センターが「このたびは、ジェジュンさんから“当センター全体の業務に役立てるため”というご趣旨でご寄付を頂き、誠にありがとうございました。頂戴致しましたご寄付は、ご趣旨に沿いまして、NCGMセンター全体の業務のため、大切に使わせて頂きます」と感謝の意を出したことも報じられている。

 さらにジェジュンは、日本の医療従事者にマスクを寄付する後援プロジェクトに参加するなど、今後も新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて継続的な支援をしていくとしている。

 ジェジュンが日韓で医療機関へのサポートをしていることに多くの賛辞が寄せられている。

 一方で、こうした“美談”に嫌悪感を示す人も続出している。

 ジェジュンは4月1日、自身のインスタグラムで「新型コロナウイルスに感染した」と投稿したが、これがエイプリルフールの冗談だったことから非難が殺到。本人は「この投稿はエイプリルフールのいたずらだとは思っていません。僕の家族が、僕の友達が苦しみ…死んでいきます。絶対!!! 他人事ではありません。自分を守ることが大切な人を守るのだという話をお伝えしたかったのです」と語り、新型コロナウイルスへの警戒心を高めるために書いたと釈明したが、批判の声は収まらず、予定されていたテレビ番組への出演が取りやめになるなど、波紋は大きく広がった。

 その後しばらく活動を自粛し、5月3日のNHK BSプレミアム『玉置浩二ショー』に出演し、1カ月ぶりに姿を現した。

 そのため、ジェジュンの寄付に対して「イメージ回復のための偽善」などと非難する声がネット上を中心に噴出。「どんなに取り繕っても、あの嘘は許されない」「寄付に対しては感謝するが、日本で活動してほしくない」など厳しい意見も多い。

 だが、ジェジュンは今回に限らず、これまでにも東日本大震災や広島の豪雨災害など大きな災害が起きるたびに寄付金を拠出したりボランティアを行ってきた。それを知るファンたちからは、「日本のためにいつも行動を起こしてくれてありがとう」「偽善とか売名とか非難する人もいるけど、行動に移すことができるジェジュンには感謝しかない」など、感謝する声が後を絶たない。

 ジェジュンには今後も当面、非難の声が付きまとうだろう。それでも地道に汚名をすすいでいってもらいたい。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ