NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックオーケストラ、テニスや野球より過酷?上演4日間・演奏時間15時間の超大作も

文=篠崎靖男/指揮者
クラシックオーケストラ、テニスや野球より過酷?上演4日間・演奏時間15時間の超大作もの画像1
「Getty Images」より

 テニスのグランドスラム(4大大会)のひとつとして有名なウィンブルドン大会(英ロンドン)において、2010年にとてつもない記録が生まれました。それは男子シングルスの1回戦で、フランスの二コラ・マユとアメリカのジョン・イスナーの試合が、なんと11時間5分という、テニス史上最長を記録したのです。最終セットだけでも8時間以上もかかったこの試合は、2回の日没を挟んで3日間かけて、やっと決着がついたのです。

 日本の野球も負けていません。プロ野球の最長試合時間の記録は1992年9月11日の阪神タイガース対ヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)の試合です。6時間26分もかけたにもかかわらず延長15回、3対3の引き分けに終わり、試合終了の時刻は翌日の午前0時26分でした。終電を逃して帰宅できないファンもたくさんいたのではないでしょうか。ちなみに、現在は12回までで試合は終了する規定になっています。

 他方、米大リーグはイニング制限がないので、もっと大変です。1981年のマイナーリーグでの話ですが、延長32回で審判はサスペンデッドを宣言して翌日に持ち込むことになったのです。結局、この試合は8時間25分もかかった最長記録となりましたが、翌日再開すると33回、つまり1イニングで試合が決まるという落ちとなったことも話題となりました。

 それに引き換え、サッカーやラグビーの場合は、最初から試合時間が設定されているので、終電の心配はないでしょう。同じく、音符を追って演奏するコンサートの場合も、開始と終了時間は決まっています。

 ところが、そんなオーケストラコンサートが時間通りに終わらずに、ホールに高い延長料金を泣く泣く支払う羽目になることも、よくあるのです。

オーケストラのプログラムが予定通りに進まない理由

 演奏会を企画する上で一番大切なのは、プログラムづくりです。オーケストラの企画担当者にとっては腕の見せ所です。標準的なプログラムを例にすると、1曲目はオーケストラのみの短い序曲。2曲目目はソリストとの協奏曲。そして休憩を挟んで、いよいよ指揮者とオーケストラの腕の見せ場、交響曲です。

 日本でのオーケストラ演奏会は、平日は19時から21時、日曜・祭日は14時から16時の場合がほとんどなので、2時間以内でプログラムをまとめなくてはなりません。そこで、10分の序曲、30分の協奏曲、休憩20分……とプログラムをつくっていくと、60分の交響曲を演奏できることになります。しかし、そんなプログラムづくりをしてしまったら、ホールの延長料金は間違いなしで、企画担当者は責任を問われる事態となります。

 皆さんも、小中高時代の学芸会などの発表の際に、リハーサルでは時間内に収まっていたにもかかわらず、本番では時間がオーバーしたという経験がないしょうか。これには観客の存在がかかわっています。

 まず時間をロスするのは、さまざまなご都合で開演ギリギリになって来られる観客です。会場係員も相手はお客様ですから、急いで来られる方が見えていれば、冷酷にドアをピシャリと閉めることなどできません。さらに、遅れて来た観客の席が列の真ん中にあったら、もっと大変です。ほかの観客はすでに座っているので、指定の席にたどり着かれるまで待っていると、ますます時間が過ぎていきます。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ