NEW
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

カギは仕事エリアのゾーニング!快適な在宅勤務環境をつくる2ポイント&3テクニック

文=中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO
【この記事のキーワード】

, ,

 在宅勤務を行うメリットの一つは、自分が集中しやすい環境を自分で整えられることです。特に、これまでオフィスでお仕事をされていた方は、オフィスの環境に近づけた状態をつくることが集中できるポイントになります。

 そのために、2つのポイントをお伝えします。

1.仕事エリア(仕事ゾーン)を確保する。

2.仕事で使うモノの定位置を決める。

1.仕事エリア(仕事ゾーン)を確保する。

 整理収納では、スペースを役割に応じて区切ることをゾーニング(Zoning)といいます。

 自宅で仕事エリアを確保する上でも、このゾーニングが非常に重要です。仕事エリアの内側と外側を明確に分けることで、メリハリがつけやすくなります。仕事エリア内では仕事を行う、プライベートを持ち込まない。仕事エリアから出たら息抜きをする、仕事から離れるといった具合です。

 また、家族に対しても、仕事エリアにいる時は仕事をしている、仕事エリアにいないときは仕事をしていないと、状況を明確に示しやすくなります。

 仕事エリアを確保する上では、下記のことに注意してください。

(1)家族の生活の動線を塞がない

(2)仕事エリアとその外を明確に区切る

(3)仕事に必要な机、椅子などを用意する

(1)家族の生活の動線を塞がない

 書斎をお持ちの方なら何も問題ありませんが、書斎などなくても在宅勤務はやってきます。いくら仕事のためとはいえ、普段家族がくつろいでいるリビングの真ん中を仕事のエリアにしてしまっては、仕事のメリハリも付けにくく、家族のくつろぐスペースも奪ってしまうことになります。家族の生活の動線を塞がないよう、可能であれば仕事用の部屋を確保し、それができない場合は生活の動線を塞がないスペースを仕事エリアとして確保しましょう。

 仕事エリアとして確保したスペースは、家族に対して、そこが仕事用のスペースとなることをきちんと説明しておきましょう。

 ちなみに、我が家は、仕事部屋専用の部屋を用意することができませんでした。その場合は、日中あまり部屋にいない娘の部屋の一角をテレワーク用に借りることで解決。事務仕事のようなPCのみの仕事については、リビングのダイニングテーブルを仕事スペースとしています。このように、2つのエリアを目的別にわけることも効果的です。

カギは仕事エリアのゾーニング!快適な在宅勤務環境をつくる2ポイント&3テクニックの画像1
リビングエリアの仕事スペース
カギは仕事エリアのゾーニング!快適な在宅勤務環境をつくる2ポイント&3テクニックの画像2
オンライン用の部屋

(2)仕事エリアとその外を明確に区切る

 仕事のエリアが決まったら、そのエリアを何かしらで区切ることで、内側と外側を明確に分けることができます。パーテーションや衝立のようなもので仕切ることができれば、視界も区切ることができるので効果的に区切ることができます。

 そのようなものを置くことが難しい場合は、仕事のエリアの床に、ビニールテープなどで明確に線を引くということでもいいです。仕事エリアの内側と外側を明確に区切るという心理的な効果があります。小さなお子様がいるご家庭など、ある程度は部屋の中の様子に気を配らなければならない場合は、このように床に印をつけてみてはいかがでしょうか。また、我が家のように家具を上手に使い、仕事空間をつくるなどの工夫も効果的です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ