手越祐也、自粛下パーティーより事務所が警戒する疑惑…安倍昭恵夫人との関係の画像1
手越祐也

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で外出自粛が求められ、ジャニーズグループの公演が次々に延期となるなか、NEWSの手越祐也が4月下旬に飲食店に女性たちを集めてパーティーを開催していたと「文春オンライン」が報じた。

 ジャニーズ事務所は現在、新型コロナ感染拡大防止への取り組みとして「Smile Up ! Project」を実施中であり、所属タレント76人が参加する期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(通称:トニトニ)の活動を展開中だが、「文春」報道を受け事務所は今月15日、手越のトニトニへの参加を見合わせると発表した。

「手越といえばこれまで、AKB48・柏木由紀とのお泊りデートや博多金塊強盗事件の犯行グループ員との交際、未成年女性との飲酒など、挙げればきりがないほどスキャンダルが報じられてきました。そんな“チャラ男キャラ”が今ではファンにも愛されていることもあってか、なぜかこれまで事務所からのお咎めもなく、許されてきました。

 しかし昨年、所属タレントの素行に厳しいとされる滝沢秀明が副社長に就任して以降、ジャニーズJr.の秋山大河、HiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗、Snow Manの岩本照など、スキャンダルを起こしたタレントが次々と処分を下されるなど、その容赦ない“鉄拳制裁ぶり”が話題になっています。

 これまでは許されてきた手越ですが、コロナ自粛下の2月の銀座キャバクラ遊び、3月の安倍首相夫人・昭恵氏らとのお花見、そして今回のパーティーと報道が続き、さすがに事務所も看過できなくなったということでしょう」

 そんな手越をめぐって、事務所が今回の“お手製キャバクラ”以上に警戒していることがあるという。

「今回は手越が親しい一般女性たちを集めて飲み会を行ったということですが、事務所が一番警戒しているのが、反社勢力との交際です。手越が飲むときは大勢でワイワイやることが多いのですが、手越は酔っぱらうと店内に居合わせた客や参加者の知り合いなど、誰かれかまわず招き入れて一緒に飲む。そのため飲み会の参加者に半グレや反社に近い人たちも混ざることもあると、たびたび報じられてきました。

 何より事務所にとって衝撃的だったのが、“お花見”報道だったといわれています。手越が安倍昭恵氏などの政界関係者ともつながり、さらにお花見の参加者には反社勢力との交際が噂されている人物もおり、“いったいどこまで人脈が広がっているんだ”と心配しているようです。もし今後、反社との交際を決定づけるような証拠や報道が出れば、当然ながら全所属タレントが世間から疑いの目を向けられるようになり、事務所全体を揺るがすことになる。そのため、事務所内には“致命的な不祥事が明るみに出る前に、手越を切っておいてほうがいい”という強硬意見も出ているようです」(テレビ局記者)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ