元℃-ute岡井千聖、突然復帰のウラにある不倫報道と「家族思い」の真っ直ぐな性格の画像1
2020年5月16日夕方に公開された、YouTubeチャンネル「okaike tv」の第1回配信動画より。右が元℃-uteの岡井千聖、左がその妹で元ハロプロエッグの岡井明日菜。美人姉妹である。

 2017年に解散したアイドルグループ・℃-uteの元メンバーで、4月30日に芸能界を引退したことを公式ブログで発表したばかりだった岡井千聖(25)が5月15日、自身の公式インスタグラムなどを開設して再出発を宣言し、話題を呼んでいる。

 同時に開設された「岡井家TV official」なるツイッターアカウントでは、〈岡井千聖です!/岡井家としてツイッター開設しました!!〉〈少し早い再出発で賛否あるかと思いますがこのタイミングを選ばせていただきました。〉との記述があり、今後は家族らとともに活動する「岡井家」として活動していくという。

 デビュー以来一貫して、モーニング娘。らを擁する大手芸能プロのアップフロントプロモーションに所属(2017年以降は系列のジェイピィールームに移籍)していた岡井は、2019年4月に芸能活動を休止。当時のブログでは休養する理由として、〈自分の幅を広げるような教養や経験や知識が必要ではないか、それに対して行動を起こすのはまだ24歳の今しかないのでは〉との考えがあったと明かしている。

 その後、競輪選手との不倫熱愛報道などもあり、休養の理由も実はそちらが原因なのではないか……との憶測もあったが、最終的にはそのまま芸能界を引退するに至る。引退を表明した4月30日のブログでは、〈今後は、今までの経験を活かしながら家族のやっている仕事を手伝っていこうと思っています〉とブログに綴っていた。

「休養中はオフィシャルな形でメディアに出てくることはありませんでしたが、妹で、かつては『ハロプロエッグ』というアイドルユニットに所属していた岡井明日菜が運営しているYouTubeチャンネル『おかい家Channel』の撮影・編集などを担当していたようです。過去に同チャンネルにアップされた動画には、岡井の声が入っているものなどもありますね。このチャンネルの動画にはそのタイトル通り家族が揃って出演しており、今後岡井は、ここをメインステージとして活動していくつもりなのかもしれません」(芸能記者)

田中将大投手の妻となっている里田まいにも通じる、岡井千聖の“おバカキャラ”

 小学2年生だった2002年、ハロー!プロジェクト・キッズオーディションに合格し、芸能界入りした岡井。ハロー!プロジェクト・キッズとしての活動を経て、2005年に結成された℃-uteのメンバーに選出、2017年6月に解散するまで、15年の長きにわたってアイドルとして活動した。

 ℃-ute在籍時から、ソロでバラエティー番組にも多数出演。解散後はさらに番組出演が増加し、“新バラエティーの女王”として期待する声も高かった。アイドル事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう語る。

「ハロプロからは、矢口真里さん、里田まいさん、道重さゆみさん、嗣永桃子さんなど多くの人気バラエティータレントが輩出されていますが、岡井さんはまさにそこに続く逸材でしたね。道重さんや嗣永さんは、ある程度キャラクターを固めつつ場の空気を読みながら個性を発揮するタイプでしたが、岡井さんは、現在はMLBニューヨーク・ヤンキース所属の田中将大投手の妻となっている里田まいさんにも通じる“おバカキャラ”というか……あくまでも自然体のままインパクトのある言動を見せるタイプ。父親の浮気話や、母親が自分の給料をスマホゲームに使っていたという話など、ハロプロアイドルとしては異例の私生活暴露なども辞さない稀有な存在だったと思います。天然系のリアクション芸人に近い雰囲気もありつつ、ヤンキーっぽさと可愛らしさを兼ね備えた親しみやすいルックスも大きな魅力でしたね」

 人気バラエティ番組『ゴッドタン』では、「芝居ヤバイ芸人」「芸人マジ歌選手権」などの企画にも登場。まさに芸人顔負けのパフォーマンスを披露したこともある。

「テレビ東京の有名プロデューサー・佐久間宣行氏が担当し、バラエティー番組のなかでも特に攻めた笑いを実践している『ゴッドタン』で揉まれていたということは、それだけ岡井さんのポテンシャルが高かったということでしょう。えてしてアイドルは、芸人たちと肩を並べて体を張ると時に痛々しく見えることもありますが、岡井さんの場合はそういった雰囲気があまりなかった。もしも芸能活動を続けていたならば、もっと人気者になっていたのでは……と想像せずにはいられません」(同)

関連記事