新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出自粛が呼びかけられていた最中の4月下旬、NEWS手越祐也が多くの女性を集めて飲み会を行っていたと「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、波紋が広がっている。

 ジャニーズ事務所随一の“遊び人”といわれる手越は、「ステイホーム週間」として自宅で過ごすことが推奨されていたにもかかわらず、通称「手越ガールズ」と呼ばれる女性たちを呼び出して飲み会を行っていたという。

 報道を受けて手越が所属するジャニーズ事務所は公式サイト上に謝罪文を掲載した。ジャニーズタレントが新型コロナウイルス感染拡大防止を支援する「Smile Up!Project」を展開しているなかでの不祥事で、事務所は期間限定ユニット「Twenty★Twenty」に手越を参加させない意向を発表した。

「事務所として緊急事態宣言発令時より所属タレントに対して不要不急の外出を控えるよう伝えており、 更にSmile Up ! Projectでは世間の皆さま方へもSTAYHOMEを呼びかけている中、このような軽率な行動を重く受け止め」たとして、処分に至った経緯を説明した。

「手越はこれまで、枚挙にいとまがないほど女性スキャンダルが報じられてきました。それでもお咎めなく過ごしてこられたのは、事務所のメリー喜多川社長から気に入られているからといわれています。その結果、芸能界きっての“チャラ男”がキャラとして定着し、ファンからも公認のような状態になっていました。

 しかし昨年、滝沢秀明が副社長に就任すると、事務所の風紀を引き締める方向にシフト。スキャンダルを起こしたタレントは容赦なく処分を受け始めました。そんななかでも手越は女遊びを控える様子はなく、しかも外出自粛が呼びかけられている中で安倍昭恵首相夫人と花見をしていたことが報じられ、批判を受けたばかりです。あまりに軽率な行動で、さすがにファンからも疑問視する声が噴出し始めているので、事務所としても処分しないわけにはいかなかったのでしょう。とはいえ、プロジェクトへの参加が取りやめになっただけで、それ以上に厳しい処分には至らないとみられています」(芸能記者)

 今回の手越のスキャンダルに、友人であるユーチューバーのヒカルが怒りのコメントを出した。

 ヒカルは自身のYouTubeチャンネルに、「おい手越、女とばっか遊んでないで俺とテレビ通話でもして自粛しろ」と題して手越に公開説教する動画をあげた。

「友達やからはっきり言わしてもらうけど、何が手越ガールズや。何が手越キャバクラや」と怒りをぶつけた。手越を認め、大好きだが、「あんたは暴れ過ぎや」と苦言を呈し、「この自粛期間、誰もが遊びたくても我慢しているなか、まさかの報道」とあきれ顔。「この期間ぐらいは自粛しといてくれ」と懇願した。

「手越君を知る人全員からの思い」と、周囲の人を代弁するかのように手越に自粛を呼びかけた。才能も人気もあって「すべてを持っている人」と手越を称賛しつつ、遊びは「度が過ぎる」として釘を刺した。

 わずか2分強の短い動画だが、視聴者からは

「ヒカルの意見は至極真っ当。手越はちゃんと聞いて受け止めてほしい」

「アイドルしてる時の姿がかっこいい分、プライベートが本当に残念」

「手越は、もっと直接叱ってくれる友達を持つべきだと思う。ずっと甘やかされは良くないよ」

など、ヒカルの意見に共感する声が続出。

 なかには手越ファンだという人から「女の子と遊んでてもそれがモチベになるなら全然いいと思うけど、さすがにこんな時に何遊んでるんだこの人って感じですよね。全く同じ意見でした。(手越に)この動画絶対見てほしいです。」と手越の行動に閉口するようなコメントも見られる。

 手越は、友人の苦言に耳を傾けて、行動をあらためるようになるのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ