正解のないWEBマガジン~wezzyより】

箕輪厚介『スッキリ』は起用継続するのか 歪なパワーバランスを利用したセクハラの画像1

『死ぬこと以外かすり傷 』(箕輪厚介)

 若手カリスマ編集者の箕輪厚介氏のセクハラや原稿料未払いを、女性ライターA子さんが「文春オンライン」で告発した。A子さんはかねてより同誌上でエイベックス株式会社代表取締役会長・松浦勝人氏の大麻常用を訴えていたが、松浦氏に密着取材するきっかけとなったのは、箕輪氏からの執筆依頼だったという。

 箕輪氏は2016年12月ごろ、松浦氏と深い親交のあった元エイベックス社員のフリーライター・A子さんに、彼の自伝執筆を依頼。A子さんは仕事を引き受け、松浦氏も自伝出版を快諾したため、取材・執筆を開始したそうだ。

 松浦氏は2003年にギャル雑誌のモデルだった畑田亜希氏と結婚し、三児をもうけているが、2016年に離婚し、そのことを非公表としていた。元妻の合意を得ず一方的に離婚届を提出したことで揉めていたようだ。松浦氏は離婚理由を「相続税を取られず財産分与するため」等と説明し、美談として妻子に理解してもらうべくA子さん執筆の自伝で大々的にこのことを発表する予定で話が進んでいたという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ