NEW

鯖(さば)輸入4割減…新型コロナで海産物の輸入が急減、“水産物”不足の懸念広がる

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

鯖(さば)輸入4割減…新型コロナで海産物の輸入が急減、“水産物”不足の懸念広がるの画像2
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの感染拡大による食料不足は、生鮮品にまで及ぶ可能性がある。4月15日付本連載記事で述べたように、1~2月累計で野菜類は数量ベースで20.8%減、魚介類は17.7%減である。今回は、水産物について見てみよう。

 水産物も1~2月累計で2桁減少した品目が非常に多い。そのなかでも生活に影響が大きいと思われるものを以下の表に掲載した。水産物は輸入先が偏る傾向がある。例えば「ぎんざけ(銀鮭)」の輸入先は断トツの第1位がチリである。輸入総数量2万9977トンの内99.8%を占める。チリの現状について日本貿易振興機構(JETRO)は、3月18日付ビジネス短信で次のように報告している。

<3月16日、セバスティアン・ピニェラ大統領は国内での新型コロナウイルス感染者が増加している状況を踏まえ、3月18日午前0時より陸路、海路、空路すべての国境を閉鎖するとした。国境閉鎖後もチリ国籍所有者や、チリ居住の外国人は入国することができるが、特に感染リスクの高い国(イタリア、スペイン、イラン、中国、韓国、日本、フランス、ドイツ)から入国する場合、14日間の自宅待機が義務付けられる。なお、3月17日にハイメ・マニャリッチ保健相が発表したところによると、国内の新型コロナウイルス感染者が前日から45人増加し、201人に上っている>

 日本と違って感染者数201名でも国境閉鎖をしている。輸出産業やサプライチェーンにも影響は出ているだろう。意外かもしれないが、チリは「寒天」でも輸入先で第1位の国だ。消費者にすれば、銀鮭や寒天はなくてはならない食材ではないだろうが、扱っている事業者にすれば、このままの減少が続けば、商売への影響は大きくなるだろう。

 消費者に馴染のある食材の「さば」「あじ」も、金額ベースではともに40%近くの減少である。特に「さば」は、2カ月間で前年に比べ9000トンも減少しているが、輸入先第1位のノルウェーが数量ベースで92.6%を占める。

 人口約533万人のノルウェーの新型コロナウイルス感染者数は6677名、死亡者130名(4月15時点・在ノルウェー大使館)である。人口が約1億2600万人で感染者数約1万人(4月17日現在)の日本と比べると、ノルウェーのほうが、新型コロナウイルスの影響は大きいかもしれない。

「あじ」の輸入先は、第1位が韓国、第2位がオランダ、第3位がアイルランドである。数量ベースで韓国が約31%、オランダが16%、アイルランドが約12%を占めている。3国とも、当然ながら新型コロナウイルスの影響は大きい。「さば」も「あじ」も大衆魚として干物や缶詰等で、とても人気のある水産物だ。輸入先の各国の終息が長引けば、日本の食卓への影響も大きくなるだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ