NEW
小早川隆治「日本のクルマづくり~さらなる志・凛・艶・昂を目指して~」

マツダ、モータースポーツ挑戦の原動力になった欧州レースの舞台裏

文=小早川隆治/モータージャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

マツダ、モータースポーツ挑戦の原動力になった欧州レースの舞台裏の画像1
『マツダ欧州レースの記録 1968-1970』(三樹書房/山本紘監修、小早川隆治協力、松田信也編著)

 前回は前編として、1968年の「マラソン・デ・ラ・ルート84時間レース」にコスモスポーツで挑戦、4位に入賞したことをご紹介したが、今回はR100(ファミリアロータリークーペ)による70年のスパ・フランコルシャン24時間レースの話をメインにしたい。

 68年のコスモスポーツは規則上と長時間レースのため出力は128psに抑えたが、69年からのR100による欧州レースへの挑戦では、規則上ペリフェラルポートへの変更が可能となり、耐久性を配慮しても185ps/7500~8500rpmとかなり高い出力となった。

マツダ、モータースポーツ挑戦の原動力になった欧州レースの舞台裏の画像2
1969年のスパ・フランコルシャン

 69年のスパ・フランコルシャン24時間レースには3台のR100が出場、不幸なことにスタートから約3時間後、30号車のハンドルを握っていたデルニエ氏が下りのコーナーでポルシェに抜かれたあとガードレールに接触、クラッシュして死亡する事故が発生した。

 本社の専務から「最後まで走り切れ」と電話で叱咤激励され、レース後、レース関係者が事故現場に出向き、冥福の祈りを捧げたという。この24時間レースでは残りの2台が5位と6位でフィニッシュ、8月20日から23日まで行われたマラソン・デ・ラ・ルート84時間レースでは1台が64時間後リタイヤするが、もう1台が5位でフィニッシュした。

マツダ、モータースポーツ挑戦の原動力になった欧州レースの舞台裏の画像3
1970年の英国シルバーストーンサーキットにおけるRACツーリストトロフィーの際の様子。前列右側のR100のドアに手をかけているのが山本紘さん

 以下は、『マツダ欧州レースの記録 1968-1970』(三樹書房/山本紘監修、小早川隆治協力、松田信也編著)の中の山本紘さん(マツダにおいて、モータースポーツ担当、ユーノスコスモ開発主査、商品主査室長、マツダ理事などを務められ、2001年に退職後は丹波にお住まい)の記述の一部だ。

「1969、1970年の欧州レースで最も深く記憶に残っているのは1970年のスパ・フランコルシャン24時間レースだ。前年優勝のポルシェ911がGTカテゴリーに移されたため、マツダ、アルファ ロメオ、BMWなどにチャンスありというのが前評判になった。事前のシミュレーションから優勝と3台の走行距離合計で競うボードワン国王杯も夢ではないと考え、4台体制で臨むことにした。

 車検を通過し第1次予選もタイムは想定通り…とすすんだところで、競技委員長から『マツダR100のオーバーフェンダーは出すぎている。本番までに修正せよ』という指示が…当時のイエローブックには『車体全幅より片側50mm出してもよい』と書かれており、それに従って対応したのだが、R100の全幅はドア付近で、前輪の車軸上に移すと70mmくらい出ている勘定になった。競技委員長はその場でこの規則は車軸上で50mmだと言い張り、『自分がルールブックだ』と言わんばかり…裏で某チームのアピールがあったとの噂も聞こえてきたが、やむなくフェンダーを叩きフロントタイヤをワンサイズ下のものに替えて出走、案の定第2回プラクティスではコーナリングスピードが落ち、対応策を松浦国夫さんとも協議、回転リミットを500rpmアップとすることにした。

 本番スタート後は順調にラップを重ね、17時間目は1-3-4-8位、18時間過ぎた時点でも1-4-5-8位をキープしたが、その後1台がリタイヤ、残る3台が1-4-5位をキープし周回を重ね(2位はBMW2800CS)、“1位とチーム賞の両方を獲れる”と思い、欧州ディーラーの人達の『君が代とシャンペンの用意を』という声や、『祝Mazda R100』の吹き流しを引っ張るセスナを離陸させるという話を耳にした。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ