NEW

安倍首相と雲泥の差…吉村大阪府知事、人気沸騰の陰に隠れる“アキレス腱”

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

安倍首相と雲泥の差…吉村大阪府知事、人気沸騰の陰に隠れる“アキレス腱”の画像1
吉村洋文大阪府知事

 通天閣と太陽の塔が緑色にライトアップされ、大阪府のマスコットキャラクターの「もずやん」が微笑んだ。5月16日午前零時。

 吉村洋文大阪府知事が5日に発表した、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請を解除する府独自の条件、大阪モデルを達成したからだ。その条件とは以下の通り。

(1)陽性率7%未満

(2)感染経路不明の新規感染者が10人未満

(3)新型コロナ重症者のベッド使用率60%未満

 この3条件を満たす日が7日間続けば休業要請を選択的に解除することを発表していた。政府は14日に39県の緊急事態宣言を解除したが、大阪は含まれていない。段階的に解除する「出口戦略」がスタートした。吉村知事は会見で「新型コロナウイルスとの共存の第2ステージに入った」と気合を入れた。

 休業要請に応じないパチンコ店の店名を全国に先駆けて公表するなど、「みんなで渡れば(渡らなければ)怖くない」という日本的横並び文化に一石を投じる吉村知事への評価がうなぎ上り。テレビなどでの露出度が高まっている。

 吉村知事は「数値で示すことが重要」と大阪モデルを打ち出した。「一定の割合になったら」など、失敗した時の責任回避のために抽象的な言い回しに終始する霞が関の官僚たちに囲まれ、堂々と会見しているように見せかけて記者の後ろに立てたプロンプターなどで彼らに用意させたものを読むだけ、質問は事前提出の安倍晋三首相との差が際立つ。

 吉村知事は5月、「国は全然、休業要請解除などの道を示していない」として西村康稔経済再生担当相を批判したが、「休業要請や解除は都道府県知事の権限。吉村さんは勘違いしているのでは」と反論され、勘違いだったとツイートで謝罪した。しかし「知事の権限ですね。ならば独自でやらせていただきます」とばかり逆手に取っている。

 一方、小池百合子東京都知事は「出口戦略では終わったような印象。そういう言葉は使いません」とし「フェイズ」「ロードマップ」などお得意の英語をひけらかした案を示すが、浪速の若い知事を明らかに意識している。

 昨年の統一地方選で維新の会は、松井一郎前大阪府知事と吉村前大阪市長のポストを入れ替えて臨み、2人とも当選した。松井現市長が表に出ないのも成功している。「松井さん、ちょっとあんちゃんみたいやから、吉村さんが大阪の顔になったほうがええわ」(40代の女性)という声も聞く。 

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ