ネガティブな情報ほど影響力は強い?つくり話を真実と錯覚させるオペラ、テレビとの共通点の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス感染症の流行は、音楽家のみならず舞台芸術全体に大きな影響を及ぼしています。世界中でオーケストラ・サウンドを聴くことができない異常事態ですが、当然のごとく指揮者の僕も、いつ再開してもすぐに活動できるように自宅で待機しています。

 そのため、家の中でテレビを見ている時間も多くなり、それから情報を得ているのですが、朝からネガティブな報道ばかりで滅入ってしまいます。最近では、感染者が少なくなっているといったポジティブな情報も報道され始めていますが、やはりネガティブな情報には自然と気持ちが強く惹きつけられて、心が苦しくなります。

 そんななか、最近、ある心理カウンセラーの指摘に目が留まりました。

「ネガティブで不安を煽る情報や発言は、人の注目を集め、記憶に残りやすく強い影響力を持つ。そのため、番組の中でしばしば不満や怒りをあらわにしている発言が、人々の印象に強く残ってしまうのも無理はない。そして、それらの発言が自分の意見と違うことが多い場合は不快な印象として残るが、中には、流れてくる情報について自分の中で検討することなく、そっくりそのまま素直に受け取ってしまうこともある」

 これを読んで、なるほどと思いました。ネガティブな情報は強いインパクトを持つ、との言葉から思い出したことがあります。

 音楽の世界では、「100人のブラボーよりも、たった1人のブーイング」という言葉があります。ブラボーはイタリア語で「素晴らしい」という意味ですが、イタリアのみならず世界のどこのコンサートホールでも、演奏の出来栄えが素晴らしい際に観客が拍手とともに叫ぶ言葉で、僕もブラボーをもらうとものすごく嬉しいです。

 特にオペラでは、上演後に一人ひとりの歌手が代わる代わる出てきてカーテンコールを受ける際に、盛大なブラボーが乱れ飛びます。しかも、このブラボーがどのくらいあったかというのは各歌手の出来栄えに対する採点の様相を呈しており、大事なデビューをする際にこっそりとサクラを雇い、ブラボーを叫ばせる若い歌手もいるようです。

 ところが、100人の観客からブラボーが出ても、それを台無しにしてしまうことがあります。それは、気に食わなかった観客のひとりが「ブー」と叫ぶことです。英語ではブーイングと言いますが、日本語でも不平不満を言うことを「ブーブー言う」と表現するのと意味は同じです。この「ブー」と叫ぶ人が1人でもいたら、いくらたくさんブラボーをもらっていても、堪えてしまいます。3人もいれば、立ち直れない気持ちになるでしょう。

 冷静に考えてみれば、100人が肯定しているなかで、たった1人の否定なので気にする必要はありません。しかし、それまで喜んで鑑賞していた聴衆でさえも、「あの歌手にはブーイングが出たね」と語りながら劇場を後にすることになるのです。

 これは、冒頭でご紹介した「ネガティブで不安を煽る情報や発言は、人の注目を集め、記憶に残りやすく強い影響力を持つ」という部分に該当するのだと思います。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合