「新田真剣佑は最近、調子に乗っていた」…コロナ下の沖縄旅行発覚、活動休止不可避かの画像1
新田真剣佑のInstagramより

 20日に「文春オンライン」で報じられた人気俳優の新田真剣佑の沖縄旅行が波紋を広げている。記事によれば、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け沖縄県が来県自粛を呼びかけていた5月、真剣佑は俳優の山田孝之とその家族、ファッションブランド社長X氏やモデルのNikiらと共に沖縄旅行を楽しんでいたという。特に真剣佑の女性ファンから悲鳴が上がっている要因が、同伴していた「満島ひかり」似の女性の存在だ。

「真剣佑が所属するトップコートも、『このような軽率な行動に対し、厳重注意をいたしました』として事実関係を認めるなど対応に追われています。なにより5月といえば、真剣佑が主演する舞台『星の大地に降る涙THE MUSICAL』の大阪公演が行われる予定でしたが、コロナ禍のため中止となっていた。そのため、真剣佑のインスタグラムは荒れに荒れ、非難の声が飛び交っています」(スポーツ紙記者)

 真剣佑といえば昭和のアクションスター、千葉真一の息子。その端正なルックスと父親譲りのワイルドさを併せ持ち、映画『ちはやふる』シリーズなどでブレイクを果たした若手俳優だ。

「ただの美青年というだけでなく、米ロサンゼルス生まれだけあって英語はネイティブレベル。そんな超イケメンぶりにもかかわらず、これまでスキャンダルらしいスキャンダルはほぼ皆無。それだけに今回の“女性同伴”の沖縄旅行によって、女性ファン離れが避けられないのでは」(同)

 そんな真剣佑だが、一部の関係者からは今回のようなスキャンダルが「いずれ出るのでは」と思われていたという。「最近の真剣佑は、以前の彼と変わってきていましたからね。はっきり言えば売れて“調子に乗っていた”のでしょう」とは、真剣佑を知る業界関係者だ。

「真剣佑はルックスが良いだけではなく、とてもクレバー。悪くいえば人を見るタイプですが、絶対に敵はつくらないし、大人の中でうまく立ち回ってきました。また、スキャンダルにも徹底的に気をつけていて、夜の街に出ても女性とは絶対にツーショットにならないほど。しかし最近は態度も尊大になってきており、彼を小さいころから支えてきた恩人を怒らせるようなことも。ここ数年は山田や小栗旬、松本潤といった芸能界の大物たちとの交流を持ち、そんな過去からの人間関係を切り捨てるようになったんでしょうかね。

 そんな彼が沖縄で堂々と女性とツーショットになったのは驚きですが、やはり慢心があったんでしょう。今回の報道で真剣佑も本来の自分を取り戻してくれればいいのですが」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ