ナイナイ岡村隆史、チュート徳井義実、ピース又吉直樹…「アローン会」不祥事続発のワケの画像1
ふたたび『ナインティナインのANN』として再出発する。(画像はニッポン放送内の公式ブログより)

 東京を含む1都3県と北海道では引き続き継続中の緊急事態宣言により、さまざまな活動の自粛が余儀なくされている昨今。経済活動を含めたすべての社会活動の抑制傾向が続くなか、社会には多くの問題が発生しており、そのことがエンターテイメント業界にもさまざまな波紋を生み出している。

 4月23日深夜にオンエアされた『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、パーソナリティーのナインティナイン・岡村隆史が「コロナが明けたらなかなか可愛い人が風俗嬢をやります。お金を稼がないと苦しいですから」と持論を展開。これが女性蔑視に当たるとしてSNSを中心に猛バッシングが起こり、番組側が正式に謝罪。岡村自身も翌週30日の生放送で神妙なトーンで謝罪するという事態となった。ある放送作家は次のように語る。

「岡村さんはもともと風俗好きだったため、風俗ジョークとして言ったつもりが、あまりにも不謹慎だった。ジョークとしても成立してなかった以上、本当にただの失言でした。新型コロナ禍で世界が変わりつつあることに、岡村さんがどこかで気づけてなかったのでしょう。

 岡村さんが謝罪した30日深夜の生放送では、相方の矢部(浩之)さんが乱入して公開説教するという事態に。この乱入は岡村さん本人には知らされず、ほんとにガチンコの公開説教だったようです。『致命的やと思う。女性に対して軽視しているとか、男尊女卑の考えであったりね』『困ったら風俗ネタに逃げてたけど、もうウケへんやん』と相方から辛辣な言葉の数々を浴びせられ、それが2週にわたって続いたのち、3週目には矢部さんのANN復帰を発表。今回の矢部さんのお説教は非常に言葉が的確であり、また相方に対する愛も感じられる内容だったので、とても好感が持てました。

『めちゃイケ』終了以降(フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』は、2018年3月に放送終了)、コンビとしては低調だったナイナイが、奇しくもコロナ禍をきっかけに再びスクラムを組み始めた格好となったのは、何か運命的なものを感じました。しかし一方で、今年50歳になる独身芸人とはこんなにも常識がないのか……と誰もが呆れてしまったことは紛れもない事実ですね」

「想像を絶するルーズさ」のチュートリアル徳井義実

 確かに、人気独身芸人で形成されるグループ「アローン会」においては、不祥事が続いている。2019年秋にチュートリアルの徳井義実が本人曰く「想像を絶するルーズさ」が原因という巨額の所得無申告が発覚、芸能活動自粛を余儀なくされていたことは記憶に新しいところだ。ある芸能関係者は次のように語る。

「徳井さんの場合、2月下旬よりすでにラジオ番組や舞台では復帰済みでしたが、本当は5月上旬の『しゃべくり007』(日本テレビ系)でのテレビ復帰が準備されていた。しかし、緊急事態宣言下では収録すらままならず、世間的にも徳井さんの復帰をお祝いするムードではないと判断され、白紙撤回されたといいます。彼もまた、国民の義務である“納税”を何年にもわたっておろそかにしていたわけですから、岡村さん同様、独身芸人ならではのヤバい一面を持ち合わせているのかもしれません。

 そもそも売れてる独身芸人は、カネはあるし仕事はある程度選べるし、しかもそのカネと自由な時間を自分のためだけに好きに使えてしまう。だから、どうしても“いい年して非常識”なゾーンに陥ってしまうんでしょうね」

苦戦している今田耕司のYouTubeチャンネル

 同じくアローン会のメンバーでいえば、3月下旬に小池都知事が酒場への入店自粛を呼びかけたタイミングで、芥川賞作家でもある又吉直樹が朝4時まではしご酒をしていたと「FRIDAY」(講談社)に報じられた。

「しかも、志村けんさんの訃報が飛び交った夜だったので、さすがに『朝4時まで飲み歩くのは不謹慎だ』という声も上がりましたが、厳密にはまだ緊急事態宣言前でしたからね。あと、又吉さんのクリーンなイメージもあってか、さほど炎上しなかったのは不幸中の幸いというか……。その後の又吉さんは、近所への買い物にすら気を使うほど配慮して、外出自粛をしているようです。

 また、アローン会の会長である今田耕司さんは4月からYouTuberデビューをしましたが、料理をしたりゲーム実況をしたりと、ベタな企画ばかりであまり話題になってません。チャンネル登録会員数は5万人前後なので、今田さんのネームバリューからするとかなり苦戦している印象。独身50代の優雅な日々を配信しても、どうしても痛々しさを感じてしまうのは仕方ないかもしれませんね」

 今や芸人にも常識や品性が求められる時代である。このコロナ禍を機会に、独身を謳歌するがあまり浮世離れしがちなアローン会の面々にも、少しは自省を促したいところである。

(文=藤原三星)

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像3

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ