NEW

『M-1』も『NHK紅白』も初の中止危機…ワタナベエンタはお笑いライブの有料配信が成功

文=編集部

ワタナベエンタがお笑いライブを有料配信

 このように、どのエンタメ業界も厳しい情勢が続く中、老舗の芸能事務所ワタナベエンターテインメントが5月10日に“有料課金制”の生配信形式でお笑いライブ「WEL On Line」「WEL NEXT On Line」を開催したことが話題となった。当日は1000枚のチケットが完売。客はオンラインで芸人たちのステージを楽しんだという。

 ライブの現場ではコロナ対策を徹底。各組ごとの楽屋を確保し、空気清浄機を配置した上、会場に入る前は出演者とスタッフ全員に検温を行い、マスクの着用と手洗いうがい、アルコール消毒を欠かさず行ったという。

 テレビ番組にも新たな風が吹き始めた。5月23日に放送される笑いの祭典『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)では、漫才師たちはアクリル板を挟んでチャレンジしたという。もちろん、各人リモート収録が中心となったようだ。

 いずれにしても、2020年は日本のエンタメの歴史において分岐点となるのは間違いない。演芸人、音楽人、映画人、ともに、その創意工夫と情熱で、なんとか文化を後世につないでいってもらいたい。

(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合